スタッフブログ
RSS2.0Atom0.3
Back Number
インフォメーション

平成最後のお正月に!玉造小劇店「お正月」明日初日

皆様、明けましておめでとうございます。本年もABCホールをよろしくお願いいたします。

さて、今年のABCホールの演劇公演第1弾、まさしくこの時期にぴったりの作品、玉造小劇店「お正月」が、明日初日を迎えます。

「お正月」は、関西に住むある一家の明治・大正・昭和・平成と100年以上にわたる時間を、元旦の会話だけでつないでいく会話劇。1995年初演の人気作で、今回は15年ぶりの上演になります。

脚本・演出のわかぎゑふさんがこの作品を書き始めるきっかけになったのは1995年の阪神大震災だったのですが、今回15年ぶりにリニューアルして上演するきっかけになったのは2011年の東日本大震災。大きな戦争や関東大震災のような大災害で激変して来た100年を越える時代のお正月を切り取ることで、人の住む場所や家族の集い方を改めて描きたくなったとのこと。

「明治初期。元武士家系であった鈴木家に万太郎と千次郎という兄弟があった。兄が育子という妻をもらうのだが、料理がとにかく不味い。初めてのお正月にお節料理を出してくるのだが、好物の高野豆腐も喉を通らない程に不味かった。しかし万太郎は「美味い...」と、つい言ってしまう。ここから鈴木家の料理は下降の一途を辿るのである。(玉造小劇店HPより)」という、いかにもこの後の100年以上の一家の変遷を見てみたくなる出だし。

今回の出演は、コング桑田、野田晋市、うえだひろし、長橋遼也、松井千尋 / 有馬自由、桂憲一、浅野彰一、江戸川じゅん兵、茂山宗彦(日替わり出演)、茂山逸平(日替わり出演)/ 山像かおり、水町レイコ、美津乃あわ、小椋あずき、内山絢貴、是常祐美、増井友紀子 / わかぎゑふという豪華俳優陣です。平成最後のお正月にふさわしいこの作品を、ぜひお見逃しなく。ABCホールでお待ちしています!(艦長)

お正月写真.jpgのサムネール画像

玉造小劇店

「お正月」

会場:ABCホール

110日(木)19

  11日(金)19

  12日(土)14/18

  13日(日)14

  14日(月祝)14時

 (写真は過去の公演より)

謹賀新年&折り込み情報

新年明けましておめでとうございます。

2019年、イノシシ年、ABCホールを今年もご愛顧のほどなにとぞよろしくお願いいたします!

新年は本日1月6日、「西浦達雄と青春をかけた将棋棋士たち」からスタートです。
そして、演劇公演は1月10日(木)から玉造小劇店配給芝居、その名も「お正月」。

関西の「鈴木家」の「お正月」に焦点をあてて、明治大正の時代から「今」までを振り返る、なんとも新年にふさわしい公演です。

折り込み情報が出ましたのでご希望の方はご参照ください。
玉造小劇店「お正月」
1月9日(水)18:00より1000部
*1種類につき1名要員
*後ばさみはございません
ご希望の方は直接上記日時にホールへお越しくださいませ。

そして本年もかわいいデザインしてくださいましたチャーハン・ラモーン氏による年賀状イラストを添えて
本年も何とぞよろしくお願いいたします。(乗組員N)

年賀状2019挨拶.pdf

年末年始休館のお知らせ

いよいよ今年も押し詰まってまいりました。

旧年中はABCホールをお引き立ていただき、ありがとうございました。
さて、ABCホールは12月28日(金)から1月5日(土)まで休館させていただきます。
2019年は1月6日(日)「西浦達雄と青春をかけた将棋棋士たち」の催しでスタートします。
間もなく大寒波襲来とのことで、皆様、ご自愛の上、よいお年をお迎えください。
来年もABCホールをよろしくお願いいたします。(艦長)

12月はダンスでポカポカ!

暖冬で年が押し詰まった感がない今日この頃ですが、今週末、急に冷えるようなので、皆様お身体にはお気をつけください。

さて、今年のABCホールを締めくくるのは、見ているだけで体がポカポカして来ること間違い無しのダンスパフォーマンス2連発です。

来週火曜日、11日にはC/Ompany(「シースラッシュ」と読みます)がABCホールにやって来ます。C/Ompanyは、世界的に活躍するダンサー、大植真太郎を中心に2008年に結成され、圧倒的な身体表現と関西出身の大植らしいユーモラスな言葉を融合した談スシリーズには、俳優の森山未來も参加し、人気を集めています。今年5月~6月に上演された第3弾は「凸し凹る」なのか「凸凹しる」なのか、「どう読むねん!」という談スらしいタイトルでしたが、今回は原点に戻る「第0弾」。

今回の「イキ、シ、タイ」はC/Ompanyの出発点となった作品で、2009年に彩の国さいたま芸術劇場でショートバージョンが発表されたあと、ヨーロッパのツアーでも披露されました。出演はC/Ompanyの大植、柳本雅寛に大宮大奨が加わった3人。大植・大宮の2人は、森山未來が主演した傑作舞台「PULUTO」でも凄いパフォーマンスを見せていました。今回も「アート」の枠に収まらない、誰が観ても楽しめる(小学生以下1名無料入場券が発行されます)ステージを展開してくれるはずです。

14日(金)~17日(月)はABCホール常連、尾沢奈津子率いるN-Trance Fishの「賢者たちは踊る」。98年結成なので今年で20年。ダンスだけでなく、他のジャンルのパフォーマーも加えてボーダレスなダンスエンターテイメントを見せてくれます。こちらは3人だけのC/Ompanyとは全く違い、大勢のダンサーたちのエネルギッシュなダンスが見もの。日曜夜のボーナス公演「愚者(バカ)たちと踊れ!」という「観客巻き込み型実験バトル」も何をやらかしてくれるのか楽しみです。

12月もABCホールでお待ちしています!(艦長)

イキ、シ、タイ チラシ.jpgのサムネール画像のサムネール画像

談スシリーズ第0

「イキ、シ、タイ」

会場:ABCホール

1211日(火)19時半

 















Nトラ「賢者たちは踊る」チラシ.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


N-Trance Fish

「賢者たちは踊る」

会場:ABCホール

1214日(金)19

   15日(土)15

   16日(日)14/18

 (18時はボーナス公演)

  17日(月)15/19

伝説のランナーを舞台化「光より前に~夜明けの走者たち~」明日初日

明日初日の「光より前に~夜明けの走者たち~」を前に、本日スタッフが小屋入りされました。

1964年の東京オリンピックのマラソンで銅メダルを獲得した円谷幸吉。4年後のメキシコオリンピックでもメダルを目指した円谷はその後、様々な不運に見舞われ、故障も続いて思うように走れず、メキシコオリンピック開催年に差し掛かったばかりの1月に美しい遺書を残して自殺してしまいます。友人でありライバルでもあった君原健二は衝撃を受け、亡き円谷のために何としてもメダルを獲ると誓い、高地で空気が薄く過酷なレースとなったメキシコオリンピックで見事銀メダルを獲得します。今回の舞台はこの2人の光と影を描いた物語です。出演は、宮崎秋人、木村了、高橋光臣、中村まこと、和田正人。

脚本・演出は、劇団「DULL-COLORED POP」を主宰する谷賢一さん。「1964年、東京オリンピックを駆け抜けた二人のマラソンランナー、円谷幸吉と君原健二の人生は、走るという共通点だけがあり、それ以外はすべて好対照・正反対でした。しかし二人の間には、孤独に走るマラソンという競技の中で無言のうちに手渡されたバトンがあった。物語のように美しい二人の人生を多くの人に伝えたいと思います。」(公式HPより)

円谷選手の自殺は、私が小学生の頃で、「思うように走れなくなって自殺した」と聞いて驚いた覚えがあります。「マラソン選手にとって走るということはそれほどのことなのか」と。円谷と君原、50年前のこの2選手の物語を1982年生まれの谷氏がどう描いてくれるのか楽しみです。木曜から日曜までの5回公演。是非劇場へお越しください。(艦長)

「光より前に~夜明けの走者たち~」ビジュアル.jpgのサムネール画像

 

「光より前に

~夜明けの走者たち~」


会場:ABCホール

1129日(木)19

   30日(金)19

12月 1日(土)13/18

    2日(日)13

豪華メンバーが集結!「Small Town,Big City~大阪でひろった4つの小石~」明日初日

またしばらくご無沙汰してしまいました。

ご無沙汰している間にABCホールの楽屋エリアでNTTドコモの電波増強工事が行われ、ドコモの電波状況が飛躍的に改善しました!ホール利用者のドコモユーザーの皆さん、今までご不便をおかけしました。実は、自分がAUユーザーなもので、ドコモの電波が弱いということにこれまで全く気付かず、先日ABCテレビの内線電話がドコモの端末に切り替わった際、ホール事務所内が圏外になることに愕然とし、慌てて電波を増強していただきました。聞くとホールのスタッフも「ドコモが弱かったので何年か前にAUに替えました」とのこと。あらま。早よ言うてえな!

さて、ABCホールでは先週から劇団コケコッコー「恋の文」、ザ・ぼんちさんの芸道46年分の漫才と、よしもと案件が続いていますが、明日初日のSmall Town,Big City~大阪でひろった4つの小石~」もよしもとプロデュースの舞台。

この作品は9月から11月の間、去年に引き続き府内あちこちで展開されている「大阪文化芸術フェス」参加作品で、わかぎゑふ(玉造小劇店)・後藤ひろひと(piper)・岡部尚子(空晴)・村角太洋(THE ROB CARLTON)という4人の錚々たる演出家が、大阪府を東西南北の4つに分けて、それぞれの地域を舞台にした4つの短編をそれぞれが書き、この4つの物語を、総合演出の後藤ひろひと大王のもと、ザ・ぼんちのおさむさんと、元NMB48で吉本新喜劇メンバーの福本愛菜さんがつないで行くという、かなり面白そうな注目の舞台です。

「大阪」と一言で言っても東西南北で街の個性が全く違います。そこを掘り下げた4つの短編人情コメディのオムニバス。キャストも、隈本晃俊(未来探偵社)、久保田浩(遊気舎)、國藤剛志、安川集治、中村味九郎、うえだひろし(リリパットアーミーⅡ)、長橋遼也(リリパットアーミーⅡ)、村角ダイチ(THE ROB CARLTON)、高阪勝之(男肉 du Soleilkitt)と豪華メンバー!火曜日から木曜日まで、たった4ステージだけの贅沢な舞台。お見逃しなく!(艦長)

small town.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

Small Town,Big City

~大阪でひろった4つの小石~」


会場:ABCホール

 

1023日(火)19

   24日(水)15/19

   25日(木)19

【折り込み情報】劇団銀河「たぶん、あした。~緑の花~」

10月27日~28日に上演される劇団銀河「たぶん、あした。~緑の花~」

チラシ折り込み情報が揃いました。

劇団銀河「たぶん、あした。~緑の花~」
チラシ折り込み一斉作業

10月26日(金)14:00~ 800部
※1種類につき1名要員
※後ばさみは行いません。

参加ご希望の方は上記日時に間に合うよう、ホールロビーまでお越しくださいませ。




さて、明日から25日(木)までのABCホールは吉本興業の催し三連続!

10月19日(金)・20日(土)は、
お笑いコンビ「プリマ旦那」野村率いる劇団コケコッコーの第2回公演「恋の文」

10月21日(日)は、
お笑いコンビ「ザ・ぼんち」の芸道46年分の漫才ライブ!今回のテーマは『孫』。

10月23日(火)~25日(木)は、
後藤ひろひと(Piper)、村角太洋(THE ROB CARLTON)、わかぎゑふ(玉造小劇店)、岡部尚子(空晴)、大阪で活躍する4人の作家の大阪を舞台とする4作品をオムニバス形式で上演する短編人情コメディ「Small Town,Big City~大阪でひろった4つの小石~」

各公演、前売チケットはチケットよしもとにて販売中!!

当日券情報は各日、ABCホール公式Twitterアカウントにてお知らせしますのでそちらも是非チェックしてください♪(乗組員A)

ヨーロッパ企画20周年記念公演スタート!

怒涛のサッカーW杯~大田王以来、すっかりご無沙汰してしまいました。

さてABCホールでは、ヨーロッパ企画20周年記念公演の「サマータイムマシン・ブルース」「サマータイムマシン・ワンスモア」の豪華2本立て超ロングラン公演がいよいよスタートしました。

「サマータイムマシン・ブルース」は20018月に劇団の第8回公演で初演。その後、2003年に再演、2005年にも映画公開を記念して再演。今回は劇団20周年を記念して13年ぶりの再演です。

艦長も昨日の初日を観劇させていただきましたが、いい歳のおっさんたちが学生を演じているという違和感は一切、いやほぼなく、わあわあ言いながらタイムマシンで昨日と今日を行ったり来たりする馬鹿らしい面白さ、と思っていると25年とか99年とかロングスパンの移動も加わり、本当によくできた構成と、この劇団にしかできない軽妙な会話劇の楽しさ。2001年初演ということは、作・演出の上田誠氏が21歳の学生の時。いやあ、上田誠恐るべし。当時初演を生で観たお客さんは面白さにたまげたでしょうね。近々家にあるDVD観よ。

「サマータイムマシン・ワンスモア」は、「ブルース」の15年後を舞台にした新作で、ABCホールでは今日が初演。今日も19時から見せていただくので、今からワクワクしてます。

前売りは早々と完売しましたが、当日券が開演1時間前から販売されます。今回は2本立てということで、ポスターは共通の普通の集合写真みたい感じなんですけど、よく見たら普通じゃないのでよく見てください。(艦長)

サマータイムチラシ.jpgのサムネール画像




















ヨーロッパ企画20周年ツアー
「サマータイムマシン・ブルース」
「サマータイムマシン・ワンスモア」

会場:ABCホール

9月12日(水)19時ブ 13日(木)19時ワ 14日(金)19時ブ 
    15日(土)13時ブ/18時ワ 16日(日)13時ブ 
  17日(月祝)13時ブ/18時ワ 18日(火)休演 19日(水)19時ワ
  20日(木)14時ブ 21日(金)19時ワ 22日(土)13時ブ/18時ワ 
  23日(日)13時ワ 24日(月祝)13時ブ/18時ワ 25日(火)休演 
  26日(水)19時ワ 27日(木)19時ブ 28日(金)14時ワ
  

大田王2018無事終了!

大田2018DON'T CROSS 3 BEAMS」、大盛況のうちに昨日無事終了しました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!日を追うごとに各演目の完成度もアップし、出演者も大満足の仕上がりで千秋楽を終えることができました。後藤ひろひと大王も終演後、「前回の大田王は、15年前の笑いが今も通じるのかというノリのネタが多かったが、今回は新しいチャレンジも多くて、前回より格段にグレードが上がったと思う」と振り返っていました。

今回の演目で多分お客様が1番驚かれたのは、暗闇で光る4個(一瞬だけ5個!)の目玉だけで展開する「Darkness Jailbreakers」だったのではないかと思うのですが、これは、お帰りの際にお配りしたプログラム表に記載の通り、THE ROB CARLTONのボブ・マーサムこと村角太洋の作・演出。小道具担当の水野泰彰が、突拍子もないボブの要求に見事に応えた渾身の手作り目玉を隈本晃俊とクスミヒデオが全身黒ずくめで操作した力作です。公演期間中も最後の最後まで目玉と演技の改良を重ね、どんどんお客様の笑いも大きくなり、千秋楽には完璧な仕上がりを見せてくれました。

大田王の3人と久保田浩以外は前回とメンバーが入れ替わった今回の大田王。目玉劇を始めとして、はよぴらちゃんやライ・ライ・チー、隈ペディアや嫁姑漫才などの新しい試みが増え、元々音楽大好きな大田王の3人に今回ミュージシャンのクスミヒデオが加わったことで全体を通して音楽が重要な味付けとなり、音楽に乗せた「百万年」を含めて、前回4年前にお越しいただいたお客様も、フレッシュな大田王をお楽しみいただけたのではないでしょうか。

昨夜は、と言うか今日は朝の5時までカラオケで歌いまくり、「次はこんなことができたらいいね」と盛り上がりました。次がまたワールドカップイヤーになるのか、もっと早いのかわかりませんが、次回の大田王、是非ご期待ください!

さて、ABCホールは今週金・土がラバーガールのベストネタ・ライブツアー、日曜がうしろシティ、火曜~木曜がさらば青春の光の単独ライブと、お笑い公演が続きます。えげつない暑さが続いていますが、涼しいABCホールで大笑いして暑さを忘れてください。劇場でお待ちしています!.(艦長)

大田王集合写真2.jpgのサムネール画像

W杯のあとは大田王!

日本代表惜しかったですね。ベルギー戦は間違いなく今大会のベストゲームの1つでした。超攻撃的な優勝候補のベルギーにあれほど攻撃的なサッカーで対抗できるチームは出場国の中でもそんなにないでしょう。ベルギーのようなチームに対してガチガチに守備を固めて守り、数少ないカウンターで1点を奪って逃げ切るなんてサッカーは今の日本には無理だし、万が一それで勝ったとしてもそんなサッカー面白くない。魅力的な攻撃サッカーを展開できるタレントをかかえている日本代表に誰もそんなサッカーを求めないでしょう。ウルグアイのスアレスやカバーニのように2人だけのカウンターで1点取ってしまえる強力なアタッカーがいたら別ですけどね。

720日~23ABCホールプロデュース公演の「大田王2018 DON'T CROSS 3 BEAMS」3トップの一角、後藤ひろひと大王はW杯期間中、体内時計をロシア時間に切り替え、ここまで全試合を生で観戦し、試合のない昨日と今日は「どう過ごしたらいいかわからない」という状態のようですが、そんなロシア時間の大王も、先週水曜に始まった大田王の稽古では時差ボケにもめげず絶好調。メンバーたちが持ち寄ったネタのブラッシュアップも順調に進み、新たな伝説になることは間違いない「大田王2018」の形が見えて来ました(ホールのツイッターにもがんがん稽古場リポートをアップしています!)

W杯の決勝が16日の月曜日。大田王の初日がその週の金曜日。何というタイミングの良さ!W杯の余韻が冷めやらぬ中、ABCホールで始まる笑いと興奮の一大スペクタクル!W杯の寝不足をスカっと解消してくれること間違いなし!日本中の演劇ファンが注目する極上のエンターテイメントを是非お見逃しなく!

大田王チラシ.jpg

 


ABCホールプロデュース公演 第6

大田王2018

DON'T CROSS       3 BEAMS

会場:ABCホール

720日(金)19

   21日(土)14/18

   22日(日)14

   23日(月)19

 





さて、今週末のABCホールは、大田王のメンバーも大注目のジョンソン&ジャクソン「ニューレッスン」が明日初日です。日曜日までの4回公演。来週末は劇団SETSUNAの「座敷おやじ」アンコール上演。W杯に気を取られてると見逃しますよ~!(艦長)

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
各ページに記載している内容は、掲載時点のものです。消費税率移行に伴う価格変更等についてご留意下さい。
バックナンバー
前の月 2019年02月
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28