スタッフブログ
RSS2.0Atom0.3

劇団壱劇屋の泣ける一本「独鬼~HITORIONI~」金曜から

今週金曜日初日の「独鬼~HITORIONI~」に向けて、劇団壱劇屋のスタッフが本日小屋入りされました。

「世にも奇妙なエンターテイメント」シリーズと「wordless×殺陣芝居」シリーズの二本を軸として精力的に活動している壱劇屋ですが、今回はwordlessの方。劇中に台詞は一切なく、アクションと殺陣だけで骨太なストーリーを紡いでいきます。

「死なない鬼はずっと独りで生きていた。何千年、何万年、途方もなく続く年月。普通に生きることに憧れる鬼は、ある女の一生を隣で過ごすことになる。途方もなく続くうちのたったの50年。50年が終わるとき、鬼は何を想うのか。死なない鬼の終わらない一生のお話。」(チラシより抜粋)

「独鬼」は2016年の初演時に1100名が涙したという、シリーズ中でも最も泣ける一本の再演。5月の「中之島春の文化祭」でこの「独鬼」前段のエピソードゼロが上演され、殺陣の見事さはもちろんですが、作・演出・殺陣の竹村晋太朗扮する鬼が斬られても斬られてもむっくり起き上がる、そのゾンビのようなむっくり加減が強烈なインパクトでした。

今回は劇団新感線の村木よし子さんも客演。一昨年は大阪だけの上演でしたが、今年はABCホールを皮切りに、7月には東京・名古屋でも公演が行われる三都市ツアーです。ツアー最初の気合の入ったABCホールでのステージを是非体験してください。高校生以下は無料!(しかし、このブログ読んでる高校生いるのか?艦長)

劇団壱劇屋独鬼チラシ.jpgのサムネール画像













劇団壱劇屋

「独鬼~HITORIONI~」

会場:ABCホール

615日(金)15/19時半

   16日(土)15/19時半

   17日(日)13/17

各ページに記載している内容は、掲載時点のものです。消費税率移行に伴う価格変更等についてご留意下さい。
バックナンバー
前の月 2018年06月
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30