スタッフブログ
RSS2.0Atom0.3

映画「PARKS パークス」公開!

春の文化祭の興奮も冷めやらない今日この頃ですが、このブログでは珍しく映画の話をさせてください。

3月に開催された大阪アジアン映画祭のクロージング作品として、このABCホールで世界初上映された映画「PARKS パークス」がいよいよ大阪のシネ・リーブル梅田で、一昨日の土曜日に公開されました。大阪出身の若き天才、瀬田なつき監督は映画祭のクロージング・パーティにも駆けつけて舞台挨拶してくれ、上映終了後には客席から大きな拍手が沸き起こりました。

 そもそも2009年の大阪アジアン映画祭で上映された「彼方からの手紙」は、瀬田監督の東京芸術大学大学院の修了制作作品だったのですが、その素晴らしさに驚嘆し、天才の出現を目の当たりにした興奮のまま上映終了後にABCホールの楽屋でご挨拶させていただいて以来、彼女の過去の短編作品をはじめ、メジャー映画デビュー作となった「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」(2011年)など、ほとんどの作品を観て、心待ちにしていた新作です。

PARKSチラシ小.jpg

 主人公の純を演じるのは、数々の話題作に出演している橋本愛さん、高校生・ハル役には、UQモバイルのCMなど、最近やたら目にする永野芽郁さん、トキオ役には、「みーまー」で鮮烈な印象を残し、今や引っ張りだこの染谷将太君という魅力的なキャスティング。トクマルシューゴさん監修のポップな音楽の中で繰り広げられる、軽やかで切ない青春群像劇なんですが、油断していると映画終盤に迷宮に誘い込まれ、胸が熱くなるラストが待っています。劇場を出る時にはテーマ曲を口ずさんでいること間違いなし!

瀬田監督は、若手女優のナチュラルな魅力を引き出す才能があり、瀬田監督がカメラを向けると、みずみずしい光と風が女優さんをスッと包みます。今回も2人の女優さんが本当に魅力的。東京でも既に公開中。シネ・リーブル梅田に続いて、神戸国際松竹、京都シネマ等全国で公開されます。劇場で是非!(公式HP→http://www.parks100.jp/

 

さて、5月のABCホールは、怒涛の「春の文化祭」も終わり、1014日しま~ん共和国さんの「咲くは江戸にもその素質」、1921日はメッセンジャー黒田プレゼンツ「つな」、2328日は玉造小劇店さんの「おもてなし」と続きます。今週木曜日にはメッセンジャー黒田君が「劇場に行こう」の収録で来てくれる予定なので、その模様も後日お伝えします。(艦長)

各ページに記載している内容は、掲載時点のものです。消費税率移行に伴う価格変更等についてご留意下さい。
バックナンバー
前の月 2017年05月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31