スタッフブログ
RSS2.0Atom0.3
Back Number
2016年9月

【折り込み情報】ヨーロッパ企画

来週末10月5日~11日に上演の
ヨーロッパ企画「来てけつかるべき新世界」折り込み情報が揃いました!

10月4日(火)15:00~ 2300部
※1種類につき1名要員
※後ばさみはございません

ご希望の方は開始時間までにホールロビーへお越しくださいませ。


今週はお笑いライブ・コンサート・ダンスパフォーマンスと賑やかな一週間!
各公演の当日券情報などホールTwitterで随時お知らせしていますので
そちらも是非チェックしてみてください♪(乗組員A)

壱劇屋、あす初日!

shadowtraffic.jpg劇団壱劇屋『シャドウ トラフィック』、あす初日です■壱劇屋さんは「中之島春の文化祭」には2014年から3年連続して出演していただいていますが、劇団本公演としては初めてのABCホール登場。メンバーはほとんどが20代、関西期待の星のひとつなので楽しみです■この集団の武器は何と云ってもフィジカルな技術。マイムを中心に、ダンス、アクション、ジャグリングなど多彩な体技を繰り出して、ファンタジックな物語を紡いでゆきます。若い頃から体を動かさず駄洒落と下ネタをよすがに生きてきた私としては、正直「目まぐるしいっ!」、「若いっ!」・・・などと戸惑ったりすることもあるのですが、その真摯な稽古姿を見ていると、素直に応援したくなるのです■今回の作品、『シャドウ トラフィック』のお話は・・・。日本のある山間部の谷底に位置し、日照時間が極端に少ない町、つまり『陰』の町と、そこに通じる『道』(車道~シャドウ~影)に、次々と不思議な現象が発生。その謎を解明すべく、探偵とその助手が問題の町に向かいます。舞台の上にはトンネルの開口部が2つ。山あいの道路の一角のようでもあり、時空を超えるワームホールのようでもある。シャープな照明と重厚なリズムに彩られ、激しく、妖しく、流麗なパフォーマンスがこの不思議な空間で展開されます。絶え間なく五感を刺激する壱劇屋流フィジカルエンターテインメント、是非お見逃しなく■あ、東京移住前は不動の≪ABCホール最多出演俳優≫だった美津乃あわさんが、若者たちに交じってゲスト出演です。こちらも注目!(艦長)

劇団壱劇屋 『シャドウ トラフィック』 作/演出 大熊隆太郎
 9月23日(金) 15:00 19:30
    24日(土) 15:00  19:30
    25日(日) 12:00 16:00

※当日券は開演45分前より発売

【折り込み情報】劇団壱劇屋

先週末はスクエアさんが20周年記念公演兼活動休止前最終公演を終えられました。
劇場というハード側としては「中身」を作ってくださる「ソフト」が一つ消えるのは悲しいことですが、第二章に期待したいと思います!
そして、どんどん新たなソフトも出て来ております!

9月23日〜25日、ABCホールには初進出!
中之島春の文化祭では過去2回ご出演いただいておりますが、団体としての本公演は初登場。
劇団壱劇屋「シャドウトラフィック」が上演されます。
劇団員に加えて、先日の「だーてぃーびー」でAD由利役を好演してくださった近藤貴嗣さんと、松尾充駿さんのコンビ「ビーフケーキ」(※こちらも中之島春の文化祭では常連さんですね!)に、一体この方が壱劇屋で何をするのだろう:美津乃あわさんも出演。
ジャグリングパフォーマーの渡辺あきらさんも加わって、マイムとパフォーマンスを駆使したエンターテインメントをお届けします。
是非お楽しみに。

チラシ折り込み情報が届きました。
9月21日(水)18:00〜1000部
※後ばさみはございません
※ご希望の方は1種類につき1名要員で開始時間までにホールロビーへお越し下さい。

ここから年末までABCホールは盛りだくさんでございます・・・!(乗組員N)

コンティニュー!

スクエア『芸人コンティニュー』明後日から。今朝小屋入りされ、仕込み真っ最中です■その昔、といっても昭和の中頃まで、大阪・天王寺の界隈に、「てんのじ村」と呼ばれた一角がありました。村といってもいわゆる長屋の密集地で、別名「芸人横丁」とも呼ばれたほど寄席芸人さんたちが集まって住み、最盛期には300人ほども暮らしていたそうです。誰かが一声掛ければ、漫才、落語、色物からお囃子さんまでがすぐに揃って一座が結成でき、地方巡業などにも大変便利だったとか。しかしテレビの発達と共に芸人さんたちの生活スタイルも変化し、かつての村は今、高速道路の高架脇に記念碑を残すのみとなっています。1971年、NHKテレビ「新日本紀行」でここが特集されたのですが、横丁から巣立った人気漫才師・平和ラッパさん(二代目)が、昔馴染みの理容店であの独特の髪型(とっ云っても分かるのはオーバー50の人のみか)を調えてもらっている映像が、不思議と僕の脳裏にくっきりと残っているのです■さて、今回のスクエアの作品『芸人コンティニュー』は、そんな芸人横丁を彷彿させる町に今も暮らしている、お笑い芸人たちの物語。テレビの世界で早朝から深夜まで爆笑を取り続ける人気芸人は、割合でいえばほんの一握り。大多数の芸人さんたちは、彼らの活躍を横目で見ながら、ネタを作り、ケンカをし、酒を飲み、明日こそ売れてやる...と切磋琢磨、切歯扼腕の日々を送っています。下町の安居酒屋に日々集う、そんな男や女の悲喜こもごもを、スクエアが笑いとペーソスたっぷりに描きます■ABCホールの舞台上には現在、ホール開館以来最高のタッパ(高さ)に到達するであろう巨大な電車の高架が出現。その下に、情緒あふれる居酒屋、商店街のアーケード等が姿を現しつつあります■今回の舞台美術デザイナーは柴田隆弘さん。日本で舞台美術に対して与えられる唯一の賞である「伊藤熹朔賞」の本賞をつい先頃受賞されたばかりの、関西を代表する舞台美術家です。はっき申し上げて、この舞台セットだけでも観に来る値打ちアリ、です。もちろんお芝居の方も、今回の設定はばっちりスクエアの得意ジャンルですし、まず間違いないはず。実に楽しみです!

■と、期待に胸を膨らませていたのですが、ちょうど1週間前、スクエアから衝撃的なお知らせがありました。前に本欄で書いたとおり、この『芸人コンティニュー』を最後に、スクエアは無期限で活動を停止するとのこと。えーーーー、コンティニューしないの!?■・・・どのような経緯で劇団がこのような決断に至ったのか、現時点で僕は全く知りません。相当の話し合いを経ての結論なのでしょう。この作品にも、コンビを続けるか否か、芸人を続ける否か、など、大きな岐路に立った人物が登場するはずですが、つまりテレビゲームみたいに簡単にボタンひとつ押してコンティニューの決断が出来ないのが人生なわけで・・・■皆さんそれぞれ演劇活動は続けられるのだとは思いますが、大阪、関西を代表する大好きなコメディ劇団であるだけに、当分観られないのかと思うと、とても残念です。ここは外野として無責任に申し上げますが、必ず復活してくださいね!■当然というべきか、千秋楽は前売完売との情報が(当日券は若干有)。これが閉店商法だったらいいのに!と僕は妄想するのですが、ともかく今回だけは是非皆さん劇場へ!(艦長)

芸人コンティニュー.jpgスクエア『芸人コンティニュー』
9月 9日(金)    19:00
  10日(土)  14:00 19:00
  11日(日) 13:00

※当日券は開演1時間前より発売(9/11千秋楽は若干数のみ)






【折り込み情報】劇団五期会「明日の幸福」

来週末9月15日~18日まで上演される「明日の幸福」の折り込み情報が揃いました。

大阪劇団協議会プロデュース公演(企画/劇団五期会)
『明日の幸福』 チラシ折り込み

9月14日(水)16:00~ 1,000部

※1種類につき1名要員
※後ばさみはいたしませんので、ご希望の方は上記日時に間に合うよう、
ホールロビーまでお越しくださいませ。


さて、今週末はスクエアさん。いよいよ本日小屋入り、現在舞台セットの仕込み真っ最中です。
9月9日~11日「芸人コンティニュー」活動休止前の今作、是非お観逃しなく!(乗組員A)

【スクエア折り込み情報】

さて、突然の「次回公演をもって活動休止宣言」をされたコメディ職人:スクエアさんですが、その次回公演が間もなく迫っております。
9月9日(金)〜11日(日)ABCホール。
タイトルは「芸人コンティニュー」
芸人を続けるかやめるか、周りの人をまきこんでの喜怒哀楽悲喜こもごも。
これは是非お見逃し無く。

この公演のチラシ折り込みですが、ライトアイさんに一括委託とのことです。
ご希望の方はライトアイさんへお申し込みください。
※有料です。
ライトアイ→WEB
                 TEL 06-6647-8243


「だーてぃーびー」が終わって気がつけばあっと言う間に9月!
ABCホールは年末までたくさんのご利用がありますので是非足を運んでくださいませ!(乗組員N)

今日から日本レキテル連合!

■昨夜。来週当ホールにやってくるスクエアが、この公演を最後に無期限活動休止に入るという発表をしました。私、少々ショックを受けているのですが、いずれ事情をお聞きしてみたいと思います。大好きな劇団でもあり、必ず復活してほしい!

■さて世界はいよいよ9月なわけですが、今日から4日間は、日本エレキテル連合の単独公演『電氣の社~掛けまくも畏き電荷の大前~』です。自分たちが面白いと思うことを真摯にやり続ける日本エレキテル連合、今回はいったいどんなキャラクターたちが登場するのか?『我々は自らが産み出した奇天烈なキャラクターたちが蠢く世界の神なのだ』・・・タイトルにはそんなメッセージが込められているそうです。是非!

日本エレキテル連合単独公演 『電氣の社~掛けまくも畏き電荷の大前~
9月 1日(木) 19:00
erekiteru.jpg    2日(金) 19:00
    3日(土) 13:00  17:00
    4日(日) 13:00

※当日券は開演60分前から発売
※上演時間2時間ほど

1
各ページに記載している内容は、掲載時点のものです。消費税率移行に伴う価格変更等についてご留意下さい。
バックナンバー
前の月 2016年09月 次の月
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30