スタッフブログ
RSS2.0Atom0.3
Back Number
2016年7月

【カムカムミニキーナ折り込み情報】

7月ももうすぐ終わり!
日々暑いです!どうぞ皆様体調管理にはお気をつけ下さいませ。

ABCホールプロデュース公演「だーてぃーびー」も日々稽古に励んでおります。
本当に「問題作コメディ」です!
是非お楽しみに!

8月最初の演劇公演はカムカムミニキーナ「野狂」が登場。
ただいま東京公演真っ最中で大変好評な作品です。
どうぞチェックしてください!
8月6日(土)7日(日)の二日間のみですが、ホール外のリバーデッキでは
様々な屋台も出ている「夏祭り」も行っております!(土日のみ、夕方まで)


演劇関係者の方々へ
チラシ折り込み詳細が決定しました。
カムカムミニキーナ「野狂
8月5日(金)15:00〜600部
※1種類につき1名要員
※後ばさみはございませんので開始時間までにABCホールロビーへお越し下さい。

「だーてぃーびー」の稽古場レポートもしていきます!(乗組員N)

【劇団ZTON折り込み情報】

7月半ばも過ぎ、梅雨もあけました!いよいよ夏本番。
「だーてぃーびー」も稽古にいそしんでおります。面白いですよー笑!!


7月22日(金)〜24日(日)初めてABCホールへ登場、劇団ZTONの折り込み情報が出ました。


劇団ZTON「ティル・ナ・ノーグ 〜太陽の系譜〜」
7月20日(水)17:00〜800部


※1種類につき1名要員
※後ばさみはできません


上記折り込みご希望の方はお時間に直接ABCホールロビーまでお越し下さいませ。
舞台公演にもぜひ足をお運びください!
暑い夏、水分補給を忘れずにどうぞ体調にお気をつけて!(乗組員N)

本格スタートしたったー。

ABCホールプロデュース公演第5弾『だーてぃーびー 汚れたテレビ』(8/18-22)、昨日キャスト、スタッフ全員の顔合せ・本読みがありました。初日までひと月余り、いよいよ本格始動です■自他共に認める非常なサッカーファンであり、つい先日まで行われていた欧州選手権の間はフランス時間で生活していたと伝えられる大王・後藤ひろひと氏が、ちゃんと台本を書いてくるのか!?・・・直前まで実は私たちヤキモキしていたのですが、無事、顔合せの定刻にはキャストの前にコピーが並び、それを読み始めるともう・・・!大王5年ぶりの新作は、大変な作品になるに違いないと確信したのでした■川下大洋、楠見薫、久保田浩という大王ファミリーともいえる面々は初見の本読みで台詞の意図を100%汲み取って既に爆笑を誘い、小塚舞子ちゃんほかフレッシュなメンバーも、大王の明快な説明ですぐさま勘所をつかみ・・・何より、黒田有さんさすがです。最初から、この作品の舞台となるテレビ番組『夕方ゆうたったー』の司会者・土橋雄太以外の何者でもない感じ。 懇親会2.JPGというわけで、一安心すると同時に、期待は大きく膨らむのでした。 ■この本読みの様子は、7月21日(木)深夜、ABCテレビ『スタンダップ!』でちょこっと放映されます。是非ご覧ください■そして終了後はご覧の通り、ワイワイ楽しく・・・。みんなで良い作品を作りますので、チケットまだの方はお早目にお求めください!(艦長)

 

(写真)画面手前左から時計回りに、橋田雄一郎、竹下健人、小塚舞子、近藤貴嗣、満腹満、久保田浩、楠見薫、黒田有、後藤ひろひと、川下大洋

金魚と屋台と喜劇と

うわの空・藤志郎一座『ただいま!』、本日17時開演です。

 

ところでお隣の堂島リバーフォーラムさんでは現在『アートアクアリウム展~大阪・金魚の艶~&ナイトアクアリウム』が絶賛開催中(9/5まで)。映像、音楽、照明、そして水槽と金魚の美が融合した壮大・ロマンティックなアート空間です。そしてABCホールのまん前、リバーデッキでは、昨日より週末ごとに『ほたるまち夏祭ガーデン』やっとります。おいしい屋台に時々野外パフォーマンス、ですね。揚げ物、粉物、ラーメンに生ビールときたらもう堪らない!というわけで、こんな賑わい(8/14まで、週末の11:00~18:00)。
金魚観て、屋台冷やかして、17時からお江戸風爆笑コメディ見物、なんていかがですか?当日券あります。16時から受付開始です。 夏祭り.JPG

うわの空・藤志郎一座のこと

■さあー、来週はいよいよ『だーてぃーびー』稽古スタートだ!胸が高まるぞっ!・・・その前に、ABCホールであさって日曜、こっそりと1回きりの演劇公演があります。


■7月10日(日)17:00、うわの空・藤志郎一座『ただいま!』そう云えば、本欄でこの劇団のことを一度も書いてなかったなあ。関西では正直云って知名度の低い、東京を本拠地とするこの一風変わった劇団がなぜ当ホールで公演を打つことになったのか、ご説明したいと思います。

■あれは一昨年、2014年秋のある朝。私が演劇コーナーの紹介役を務めているラジオ番組『浦川泰幸の劇場に行こう!』(現在は「橋詰優子の・・・」)の録音スタジオに、当時のメインパーソナリティ・浦川アナウンサーが、やや興奮気味にやってきました。そしてこんな話をするのです■「この間、めちゃくちゃ面白いお芝居を観たんです。中崎町の狭いライブハウスみたいなところで。番組スタッフに誘われて行ったんです。うわの空・藤志郎一座って劇団なんですけど艦長知ってます?あ、知らない。とにかく凄いんです、言葉では伝えにくい面白さなんですけど、1分に1回笑えます。あんなの初めて。今度大阪に来たら絶対観てください!」■・・・現在彼がメインキャスターを務めるABCテレビの夕方のニュース番組『キャスト』をご覧の方なら想像がつくと思いますが、浦川くん、何事にも辛口で、無暗に人やモノを褒めたりしない。だからこそこれは信用できる。第一、『小さくて面白い芝居』がこの世で三番目に好きな僕ですから(上位2つは人には言えない)、これは何とかせねば!とさっそくその「うわの空・藤志郎一座」についてウェブサイトを検索したのですが・・・。わかったのはこんな事実■東京が本拠地で、座長は村木藤志郎という中年のちょっと怖い顔をしたオジサン。あとのメンバーは、会社員や漫画家や、ほかに本業を持っている人が多いみたいで、つまり座長・藤志郎さんの色が非常に濃く出た、求心力の強い劇団であるらしい。劇団名の名付け親は放送作家界の大御所・高田文夫さんで、かつて東京喜劇人の合同公演として話題を呼んだ「雲の上団五郎一座」をもじった名前。大小いろんな小屋で公演しているが、大規模な本公演は、名門・紀伊國屋ホールで行っている。大阪公演を始めたのは数年前からで、年一ペース。現時点で次回は未定。しかし、過去公演の履歴を見る限り、来年(2015年)の秋にまた大阪に来る可能性が高いぞこれは・・・■というわけで、それ以来思い出すごとにこの劇団のホームページをチェックするようになったのです。そして予想通り、ある日のHPチェックで、大阪公演の告知があったのです!場所は浦川君が目撃したのと同じ中崎町のライブハウス。日程は2015年11月14日(土)のみ。のみって!・・・。手帳を見てみるとその日は運悪く仕事。上演は昼夜2回あるのですが、律義に業務をこなすとどちらにもひっかかってしまう!■当日まで悩んだ挙句、僕は昼の部開演30分前に、伝家の必殺技『御免一寸抜ケルワ』を用いることを決断。やや首を前傾させ両掌を顔の前で合わせる独特の印を結んで職場を後にし、中崎町へと飛びました。そして目出度く、うわの空・藤志郎一座『面白半分』を鑑賞したのです■硬くて造りの悪い椅子に座らされることが多い小劇場では、長い芝居は罪だと僕は思っています。しかし僕は終演時、時計を見て驚きました。上演時間2時間25分!長い!でも感じなかった!つまりそれほど面白かった!■では、どんな作風なのかというと・・・。実は僕、話を聞いた直後に一座の過去作品のDVDを何枚か購入して、チェックはしていたのです。基本的には、いわゆるシチュエーションコメディです。家族など気心の知れた人々の集団の何気ない日常の中にひとつ、深刻な『ある事情』が隠されていて後半それが・・・みたいな。「実はロマンチスト」と自称する座長の人柄が偲ばれる、意外なほど「いいオシバイ」です■しかし!何といってもこの劇団の武器は、まるで無限に弾切れすることのない機関銃のような座長のボケです。とにかくボケまくる。自由奔放、傍若無人。言葉遊びや時事ネタ風刺や単なるおふざけや・・・他愛ないギャグをひたすらやり続けるのです。しかしここが重要なのですが、他愛ないけれどセンスはいい。『プロのオヤジギャグ』といったらいいのでしょうか。我ながらいい表現かもしれません■周囲の役者は、座長が舞台にいる間はひたすらそれのフォロー、つっこみに回り、座長がいなくなると、鬼の居ぬ間に自分もボケる、といった感じ。楽しくて飽きることがありません ただいま.jpg■そして終盤、「ある事情」が明らかになると急に切ない空気が舞台と客席に溢れ返り、あろうことか不覚にも目頭が熱くなる!なんか、悔しいけどそんな展開です■芸風はあくまで大衆的、高田先生が高評価するのもむべなるかな、なのですが、反面、いわゆる演劇評論家に称賛されるような劇団ではないはずです。しかし僕は大好き!■後日、座長に感想などを記したメールを送り、一度大阪でお会いすることになりました。僕としては単に、大阪公演を途切れることなく続けてほしいと申し上げたかったのです。そのために何かお手伝いできることがあれば、と。なにせ、僕の観た回、お客様はわずかに15人程度。キャストスタッフ合わせた人数よりきっと少ないくらい。「もう大阪は無理か」と判断されても仕方ないように思われたのです■ところがその場の話の流れで、「折角だしABCホールさんでやってみるか!」と、座長おっしゃいまして。きっと酔った勢いです。あるいは、同席していた劇団の若手女優に見栄を張ったのだと思います。冗談はさておき、相当長くなりましたが、そんなこんなの事情で、東京の劇団・うわの空・藤志郎一座の代表作『ただいま!』が当ホールで上演される運びとなりました■今回、東京公演は紀伊國屋サザンシアター(座席数468)、名古屋公演は七ツ寺共同スタジオ(名古屋アングラ界の老舗・キャパ90程度)、そして大阪がキャパ300弱のABCホールと、振れ幅の大きい巡演です。この自由な感じもこの一座らしさだな、と思えるくらいには、僕もにわかファンになりました。7月10日(日)17:00から、1回きり、当日券はたくさんあるはずです。ぜひこの独特の世界を体験してください(艦長)

7月10日(日) 17:00    (上演時間は2時間程度です)

1
各ページに記載している内容は、掲載時点のものです。消費税率移行に伴う価格変更等についてご留意下さい。
バックナンバー
前の月 2016年07月 次の月
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31