スタッフブログ
RSS2.0Atom0.3
Back Number
2015年12月

よいお年をお迎えください

今年最後の公演「CLUB SLAZY 4th」が昨日無事に終演、当ホールは本日が仕事納めです。

今年もいろんなことがありました。来年もいろんなことがあるんだと思います。
せめて平穏無事な年末年始でありますように。

ABCホール、今夕より新年4日までお休みを頂きます
お電話、メールへの対応は5日からとなります。

皆様よいお年をお迎えください。そして来年もよろしくお願い申し上げます。

年末恒例赤鬼初日!

■『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、いよいよ公開の日がやって来ました。今夜18:30!■そしてその30分後!今夜19:00に、劇団赤鬼20周年記念Xmas公演『Bubbles Mermaid』、初日の開幕です!■1995年、つまり阪神淡路大震災の年に神戸で誕生した劇団が満二十歳。記念公演の第一弾は夏に地元神戸のKAVCホールで、そして第二弾がここABCホールで、というわけです。そういえばここ数年、クリスマスのこの時期のABCホールはいつも赤鬼さん。今回も"熱き泣かせ屋"の名に相応しい、ドキドキして、笑って、泣ける舞台に仕上がっているようです■私はお稽古の初期に新神戸の稽古場で少し稽古を見学し、その時点の台本を拝見したきりなのですが、この『バブルス・マーメイド』、赤鬼20周年に相応しいテーマとメッセージを湛えた作品だと感じました■街の人々から特別な目で見られている、ある「半島」にまつわる謎を解くというストーリーを縦糸にした、若き学者と少女の、恋と冒険の物語です。アンデルセンの『人魚姫』を下敷きに、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』さながらのある展開物語を動かします。どちらも結ばれない恋のおはなし。文字通り大きなうねりが訪れるクライマックスのあと、その恋がどういう結末を迎えるのか・・・!?■もちろん、ナンセンスなギャグと華やかなダンスシーンもたっぷり!劇団赤鬼『バブルス・マーメイド』、土曜の夜公演の後にはクリスマスイベントが、日曜夜の最終公演にもお楽しみミニイベントがあるとのことです、是非(艦長)


 
12月18日(金)       19:00
    19日(土)  14:00 18:00
    20日(日) 13:00 17:00

【挟み込み情報】劇団赤鬼「Bubbles Mermaid」

朝晩は冷えますが、お昼間はまだ少しあたたかかったりして「師走感」が感じにくいですが、もう2015年も残すところ後20日ほど!
ABCホール入り口に広がるウッドデッキは今年も「中之島ウエスト 冬ものがたり」の準備が進んでおります。
明日(12月11日)〜25日まで、日が暮れるとライトアップがされております。
どうぞお楽しみに。


ABCホールのXmas公演は今年も劇団赤鬼さんです。
挟み込み情報が出ました。

劇団赤鬼「Bubbles Mermaid」
12月17日(木)17:00〜800部

※1種類につき1名要員
※後ばさみはありません

ご希望の方は上記日時に直接ABCホールロビーへお越し下さいませ。


ウッドデッキステージにはABCの新キャラクター「エビシー」もお待ちしております。(乗組員N)
IMG_4180.JPG

レトルト版「智恵子抄」、金曜から!

■いやー、M‐1グランプリ、やっぱり盛り上がりましたね。2010年の年末を最後に5年ぶりの復活、しかし関西地方のみならず首都圏でも堂々たる高視聴率を獲得しました。今回は審査員が歴代チャンピオンの代表9人ということになり、大御所あるいはカリスマ的なお笑いタレントが一人も画面に登場せず、司会の今田さんが全出演者中最もベテラン、という布陣でした。そいういう面で結果(数字)を心配する向きもあったはずですが、それを杞憂に終わらせたのはすごい。賞の権威と緊張感を高める演出の技術も、他のお笑いコンペティション番組とは一線を画するレベルだったと思います。さすが!■戦いは、サンドウィッチマン以来2組目となる、トレンディエンジェルの敗者復活からの優勝で幕を閉じました。僕も最初は意外だったのですが、3日を経た今はこのドラマの流れがよく分かる気がします。彼らが準決勝で一度敗退した理由も、視聴者の投票によって復活した理由も、そして新しい陣容の決勝審査員たちに高評価を得た理由も、です。つまり・・・ここからはあくまで、現在は外野のお笑い好きに過ぎない僕の私見です■準決勝までの審査員は、芸人ではなく、放送作家やプロデューサーなどが務めます。かつてその「中にいた人」としてはっきり云えるのは、所属事務所や人気・キャリアなどに関係なく、審査があらゆる段階で常に公正に行われていることです。しかしやはり彼ら審査員は職業柄、その多くが、『緻密に計算された笑い』をリスペクトする傾向にあるのです。設定やボケの飛ばし方がいかに斬新で意外性があるか、とか、ツッコミの語彙がいかに豊かであるか、とかです。逆に、『勢い』や一発芸的な『決まりフレーズ』、『合わせギャグ』はやや軽んじられるといっていいと思います■歴代のM-1チャンピオンたちは、計算し尽くした濃密な4分間で栄冠を勝ちとってきた男たちばかりです。やや図式的に過ぎるかもしれませんが、今回決勝の審査員となった9人の王者は、『自分たちにない資質』、『自分たちには出来ない芸』をトレンディエンジェルに見たのではないでしょうか。実際に板の上に立っているわけではない準決勝までの審査員とは違い、強烈なビジュアルと勢いだけに映りかねないトレンディエンジェルの芸が、いかに強靭で実戦的であるか(視聴者の投票による敗者復活戦の結果がその証明です)、彼らが最もよく実感できたのではないでしょうか。奇しくも、歴代優勝者の中で唯一あの場にいなかったアンタッチャブルだけが、トレンディエンジェル寄りの芸の持ち主といえそうです。ザキヤマさんがあの席に座っていればどのコンビに投票していたか?マニアックな妄想かもしれませんが、とても興味深いのです■正直に云えば、最終審査の瞬間僕は、『え!ジャルジャルやろ!?』と思ったのです。全体でいえば、トップ出番のメイプル超合金が一番のお気に入りでした。でもこんな風によく考えれば、久しぶりのM-1GPの結果、やっぱりあれが正解なのかなあ、とも思います■このズレは僕と世の中のズレであり、今となっては粛々と受け入れるしかない。好みや生き方は今更変えられないしなあ・・・ちょっと大袈裟かもしれないけれど、そんなことまで考えてしまいました。M‐1には、やっぱり人生の機微があります。とほほ。
■さて!
ABCホールはお久しぶりの劇団レトルト内閣、今朝劇場入りされ、金曜日に『まことに神の造りしをんな‐智恵子抄‐』初日を迎えます!おかえりなさいませ!(艦長)

劇団レトルト内閣 『まことに神の造りしをんな ‐智恵子抄‐』
 
12月11日(金)       19:30
智恵子.jpg     12日(土) 15:00 19:00★
     13日(日)13:00 17:00☆

★アフターイベント「リーマン俳優こみたおのリーマン講座」
☆ 〃       「安定志向(※)のネタ披露」
     (※今年のM‐1にも参戦した劇団内女性漫才コンビ)

1
各ページに記載している内容は、掲載時点のものです。消費税率移行に伴う価格変更等についてご留意下さい。
バックナンバー
前の月 2015年12月 次の月
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31