スタッフブログ
RSS2.0Atom0.3
Back Number
2015年1月

あす初日

■劇団鹿殺し、昨日小屋入りされ、復活公演『ランドスライドワールド』は、あす大阪初日です。先日まで、日本演劇界の聖地のひとつ、下北沢の本多劇場で堂々13ステージを終えての来阪、いや、関西で旗揚げされた鹿殺しにとっては凱旋公演と呼んでいいかもしれません■座長で演出を務める菜月チョビさんが2013年秋から1年間、文化庁の新進芸術家派遣制度によるカナダ留学をされていたため、劇団本公演は1年3か月ぶり。しかしその間にも鹿メンバーの皆さんはOFFICE SHIKAプロデュースとして、歌手のCoccoさんを主演に迎えた『ジルゼの事情』、奇天烈芸人・鳥肌実さん他を迎えた『山犬』と活発に公演活動が続いていました。どちらも当ホールで大阪公演があったこともあり、あまり久し振り感はないのですが、でもやはり劇団員、ファンの皆さんにとっては感慨深い復活に違いありません■さて、今回のお芝居は、2009年、東京・神戸・大阪・福岡の4都市で上演され大好評を博した音楽劇『ベルゼブブ兄弟』を原案として再構築した作品。閉塞した日本の集落に集まった4人の兄弟と、亡くなった父をめぐる物語です■「ランドスライド」とは、英語で「地すべり」のこと。チョビさんがカナダの国土を旅して実感した、『大地は恐ろしく広大だ。そしてそれでいて不確かだ』・・・みたいな思いがこのタイトルに込められています。過疎の村を舞台に展開する過激で切ないドラマ。虫眼鏡の奥のミクロの先にマクロな世界が出現し、お馴染みの情感豊かな生演奏や歌やダンスが溢れ、言葉たちが時に激しく、時に静謐に、劇空間を包みます。ラジオ「浦川泰幸の劇場に行こう!」でうかがったチョビさんのお話の記憶と東京公演の劇評などを参考に舞台は未見で書いているため、「何のこっちゃ」かもしれませんが、僕調べでは『鹿殺しにハズれなし』です。劇団メンバーに加え、イケメン人気俳優・木村了さん、今奈良孝行さん、そして元関西小劇場界の女王・美津乃あわさんがキャストとして参加しているのもポイントです■前売完売の回もありますが是非(艦長)

劇団鹿殺し復活公演『ランドスライドワールド』  作・丸尾丸一郎 演出・菜月チョビ 音楽・入交星士×オレノグラフィティ

ランドスライド.jpg1月29日(木)      19:00

   30日(金)      19:00

   31日(土)14:00  19:00

2月 1日(日)14:00

※当日券は開演1時間前より発売。ただし(土)14:00、(日)14:00は前売完売のため若干枚となります。

【折り込み情報:JAMBA『CLOCKWISE』】

1月最後の公演は劇団鹿殺し『ランドスライドワールド』

充電期間を経て1年3ヶ月ぶりとなる「復活公演」
明日1月29日(木)〜2月1日(日)までの上演です!

そして2月の1番手はABCホール初登場、
兵庫県立宝塚北高等学校【演劇科】の卒業生によって結成されている
パフォーマンス集団「JAMBA」の公演!

こちらのチラシ折り込み情報が揃いました!

JAMBA『CLOCKEISE-トキカケ-』チラシ折り込み
2月5日(木)16:00〜 800部
※1種類につき1名要員
※後ばさみはございません 

ご希望の方は上記日時にチラシをご持参のうえ、ABCホールロビーへお越しくださいませ。

JAMBA公演は2月6日(金)・7日(土)両日共にチケット完売となっておりますが、
各公演の当日券情報など、ABCホールTwitter(@abchall_osaka)にてお知らせします!
是非チェックしてみてください(乗組員A)

あす初日

■ABCホールが、大衆演劇の芝居小屋に変貌中です。30-DELUX 劇団朱雀MIX『オレノカタワレ』、あす大阪公演初日です■2002年、MOTHER、演劇集団キャラメルボックス、劇団☆新感線といった錚々たる人気劇団で当時それぞれ中核を担っていた同世代の男たち4人が立ち上げた演劇集団、それが「30-DELUX」です。笑って、泣けて、考えさせられて、かっこいい、誰もが楽しめる演劇を目指し、精力的に活動を続けています。ABCホールには、2010年以来久々2回目の登場■片やこちらも2002年に生まれた大衆演劇界の雄、劇団朱雀。北野武監督によって映画「座頭市」に起用され、100年に一人の天才子役と一躍注目された二代目座長・早乙女太一さんを擁する超人気劇団です■今回のコラボ公演「オレノカタワレ」は、時座(ときざ)という大衆演劇の劇団の栄枯盛衰を、時座三代目座長・時枝三四郎の眼を通して描く作品。三四郎、および彼の唯一無二の相棒(カタワレ)である天才役者・風祭ジョーの2人がダブル主役となります。そしてこの2役を、30-DELUX、劇団朱雀というふたつの劇団の明日を背負う役者、天野博一さんと早乙女友貴さん(太一さんの弟)が演じるのです。が・・・どっちがどっちを?そう、そこがややこしい。ABCホールでは全6回の公演があるのですが、この2つの主役を、早乙女友貴さん、天野博一さんが互いに交換して3回ずつ演じるのです。なんと罪深い。ファンなら両バージョン観ずにはいられませんからねえ。当日券も発売されるそうですが、30-DELUXの公式ブログにアクセスすると、開演2時間前まで予約可能なサイトに行くことができます■早乙女太一さんもスペシャルゲストとして、相当大きな役どころとして登場するそうです。熱く切ない舞台裏の物語を是非(艦長)

30-DELUX 劇団朱雀 MIX 『オレノカタワレ』

1月22日(木)        19:00早/アオレノカタワレ.jpg

   23日(金)        19:00天/ふ

   24日(土) 13:00天/舞  18:00早/殺

   25日(日)12:30早/殺  17:30天/舞

 

※早・・・三四郎:早乙女 ジョー:天野   

  天・・・三四郎:天野   ジョー:早乙女

※終演後ミニイベント

  ふ・・・お楽しみふれあいイベント

  ア・・・アフタートーク

  舞・・・舞踊ショー

  殺・・・殺陣ショー

  

【折り込み情報:劇団鹿殺し】

1月も気づけば後半戦。
今週のABCホールは30-DELUX+劇団朱雀による「オレノカタワレ」。ABCホールの舞台が大衆演劇の劇場のようになっております。
各回開演の1時間前より当日券ご用意致しております。また公式ブログで直前のチケット受付も開始されるようですので是非チェックしてみてください。

30-DELUX+劇団朱雀 MIX 「オレノカタワレ」
1月22日(木)〜25日(日) 上演時間は本編1時間50分、その後に日替わりイベントが20分ほどあります。詳しくはABCホールイベント情報ページへ。

その翌週は演出家:菜月チョビさんが1年間のカナダ演劇留学を経て「復活公演」!!と題した
劇団鹿殺し「ランドスライドワールド」。

こちらのチラシ折り込み情報が出ました。

1月28日(水)17:00より  1200部
※1種類につき1名要員
※後ばさみはございません  ご希望の方は上記日時にチラシをご持参のうえご参加くださいませ。

鹿殺しさんも過去のオリジナル代表作「ベルゼブブ兄弟」を原案に、新たに産み出された新作。
閉鎖された村の取り残された民家で起こる、ひとつの家族のある事件。
どうぞこちらもお見逃し無く。   (乗組員N)

【チラシ折り込み:オレノカタワレ】

2015年も年明けからバラエティ豊かなラインナップでご利用ご来場頂いておりますABCホールです。
今日はABC番組「ごきげんブランニュ!」の公開収録でした、どうぞオンエアをお楽しみに!ABCホールが全くいつもの「ホール」から姿を変えております。


1月22日(木)〜25日(日)まで上演されます「30-DELUX × 劇団朱雀MIX」の【オレノカタワレ】
チラシの折り込みについてはright eye(ライトアイ)に有料にて一括委託されているそうです。
詳しくは
ライトアイ→ http://righteye.jp/flyer.html  06−6647−8243  までお問い合わせください。
※ホールでの折り込みはございません、予めご了承ください。


「オレノカタワレ」は大衆演劇を舞台に、セリフと殺陣で物語を紡ぐ「アクションプレイ」でオリジナルエンターテインメントを創り出す30-DELUXと、本格芝居と華やかさや独創性溢れる舞踏ショーを得意とする劇団朱雀の合同公演。両団体の今後を担う、早乙女友貴と天野博一がWキャストで挑みます。
各公演終演後に日替わりミニイベントもあります。ABCホールの距離感で楽しめる迫力のステージ、お見逃し無く!(乗組員N)

私の記憶が消えないうちに

■ラジオで耳にした中山千夏さんの「芸能人の帽子」という本が面白そうなのでネット書店を調べていたら、関連書籍で、女優・吉田日出子さんが昨秋出版された「私の記憶が消えないうちに」という本を見つけました。吉田さんは現在71歳。独特のスコンと抜けたような、それでいてセクシーな声と話し方が、清水ミチコさんの絶品物真似でおなじみです。でも、最近ご本人をテレビ・映画などでお見かけしないな、と思ったら、この本の解説によると、数年前から高次脳機能障害の発症により記憶の力が衰え、台詞を覚えることも困難になっておられるのだそうです。そうだったのか■吉田さんと云えば、何といっても音楽劇「上海バンスキング」(初演・1979)の可憐なヒロインが代表作ですね。僕はたしか2度拝見していますが、1981年に京都市教育文化センターで観たのが最初。強烈でした。戦前、新天地を求めて自由都市・上海に渡り、次第に戦争の渦に呑まれてゆく日本のジャズマンたちと彼らのマドンナ的存在だったお嬢様シンガー(吉田)の物語。もう楽しくて哀しくて。特筆すべきは、ジャズマンを演じる俳優たちが、猛特訓を経て自分たちで本格的な楽器演奏をする、という演出です。中でも、お芝居が終わった後舞台の上でのアンコール演奏があって、更に劇場ロビーで、帰ろうとしていたお客様の目の前でサプライズなミニコンサートを開くという趣向が、もう感動的でした■繰り返し上演されてきた名作ですが、2010年、十数年ぶりに東京で上演されています。すでに吉田さんは闘病中でしたが、共演の皆さんのフォローで何とか乗り切られたのだとか。その公演の千秋楽のロビーコンサートの様子が、動画サイトで見られます。主な役どころは初演のまま、串田和美さん、小日向文世さんがサックスを、笹野高史さんがトランペットを奏でる中、吉田日出子さんが心底楽しそうに歌うテーマ曲「ウェルカム上海」。お馴染のイントロのところでもう、僕の目の奥はじわーっとなるのでした。出来ることなら吉田さんが健康を回復され、もう一度あの作品を観たい、と思う演劇ファンは多いと思います■「上海バンスキング」という『劇』が持つ独特の魅力、それは、小劇場発の作品でありながら、オペラやミュージカルとはちょっと異質の祝祭性を備えている点だと思います。手法としてではない、劇の中に有機的に摂り込まれた音楽。とても悲しい物語でありながら、その悲しみをすべて浄化してしまう歌と演奏のパフォーマンス。まだまだ色褪せることはないし、今こそ必要な作品だという気がするのです■「静かな演劇」でもいわゆる「エンタメ」でもなく、お祭りみたいな劇。うーむ(艦長)

黒久初日!

元祖黒久1・1・1、今日から3日間の公演です。(火)(水)がお芝居、(木)がトークショーというちょっと変則的な構成。いったいどんなたくらみがあるのか!?■言うまでもないですが、黒久の黒はメッセンジャーの黒田有さん、久はザ・プラン9のお~い!久馬さん。NSC10期の同期生です■ザ・プラン9といえば、何度もご紹介している通り、漫才やコントで寄席の舞台に立つ傍ら、本格的な演劇公演も打つという変わったユニット。その中でも久馬さんは劇作・演出担当で、個人としても、よしもとコメディを書いたりコントライブのプロデュースをしたり、勿論忘れてならないのが、記念すべき第1回ABCホールプロデュース公演『決戦!!ひなた荘』において、劇団赤鬼と共に作・演出・出演をお願いしたという縁。だからABCホールの舞台はずっと常連さんなのですが、黒田さんはお芝居での登場は今回が初めて■達者な漫才やフリートークで鳴らし最近では司会者としての顔も大きくなっている黒田さんですが、意外にも強い演劇志向もお持ちだというのは知る人ぞ知る事実。黒久のユニットでの公演は2008年、2009年(どちらも大阪公演はHEP HALL)以来久々のようですが、2013年には、村上ショージさんを主演にしたお芝居の作・演出・プロデュースをされたりしています。などと書きながら、不勉強にも私いずれも未見。テレビドラマ以外で黒田さんがお芝居してるのを観たことがありません(若手の頃のコントは大量に観てますが)■というわけで、とても楽しみ!脚本にスクエアの森澤さんが参加されているのも興味深い。チケットまだあるようですので是非!(艦長)

元祖黒久1・1・1 『タクシードライバーエピソード』             

演出・黒田たもつ   脚本・黒田たもつ、久馬歩(ザ・プラン9)森澤匡晴(スクエア)

黒久.jpg1月6日(火) 19:00

   7日(水) 19:00

 

黒久緊急会議トークスペシャル

1月8日(木) 19:00

 

※当日券は開演1時間前から発売

2015本格スタート

■新年あけましておめでとうございます

■先ほどABCホールでは、朝日放送の社長による従業員に向けての新年の挨拶がありました。本日のイベントはこれにて終了。明日からは、メッセンジャー・黒田さんとザ・プラン9のお~い!久馬さんのユニット「黒久」の公演です。1/6(火)、7(水)がお芝居で8(木)がトークイベントという変わった構成。そして1日置いて1/10(土)は、朝日放送主催のフォーラム「災害とメディア」が開催されます。そう、来週の土曜、2015年1月17日は、阪神・淡路大震災からまる20年の日なんですね。なんだか身が引き締まる思いです■今年もいろんなことがあると思いますが、皆様よろしくお願い申し上げます■

1
各ページに記載している内容は、掲載時点のものです。消費税率移行に伴う価格変更等についてご留意下さい。
バックナンバー
前の月 2015年01月 次の月
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31