スタッフブログ
RSS2.0Atom0.3
Back Number
2014年12月

年末年始営業のご案内

本日劇団赤鬼さんの公演が千秋楽を迎え、2014年内の行事が全て終了いたしました!

ABCホールは明日より休館とさせていただきます。

【休館期間】2014年12月29日(月)〜2015年1月4日(日)

2015年は1月5日より営業いたします。

本年に引き続きますますのご愛顧のほど宜しくお願いいたします。

ABCホール スタッフ一同


仕事納め中!

■2014年最後の舞台、劇団赤鬼『最果てクロニクル』、先ほどお芝居の後の年忘れイベントも全て終了し、バラシの真っ最中です■満員のお客様がニコニコ帰ってゆかれましたが、ABCホール名物?の大階段の下が、ちょっとえらいことに...。今日の深夜に生放送されるABCテレビ年末恒例の特番『楽屋ニュース2014』の中の若手コーナー『スベったら水に流しまショー』のセットが既に組まれていて、かなり通路が狭くなっていたのです。お客様にはほんと申し訳ないのですが、まあ、放送局にある劇場っていうことで、ちょっと局の見学気分も味わえる、とプラス志向でお許しいただければ幸いです■さて最後の週末僕は、12/26(金)にこの『最果てクロニクル』を、27(土)に賣笑ロックセカンドという小さなユニットの『ビーマイベイベ』という劇をあべのハルカスを見上げる路地裏の小さなライブスペースで、そして今日12/28(日)は今さっき、劇団Patchの『観音クレイジーショー』を日本橋のin→dependent theatre 2ndで、と駆け込み3本鑑賞して参りました■Patchのお芝居が終わって、誘われるままに楽屋にお邪魔したのですが、若いイケメンたちが「かんちょー!」と次々に声を掛けてくれ握手を求められ、横には同じく楽屋面会に来た他局の偉いさんやドラマプロデューサーとかがいたりするので、嬉しくもちょっと気恥ずかしい。いやはや、来年もこんな生活が続くのでしょうか? IMG_3178.JPG■振り返れば、2014年はABCホールプロデュース公演『大田王』が成功して、やっぱり特別に嬉しい年でした。ご覧いただけた方も、きっとそうですよね?来年も、負けないよい年にしたいものです■どうぞよろしくお願い申し上げます(艦長)

2014ラスト、明日初日!

■いやはや押し詰まって参りました。当ホール、いよいよ2014年の最後の催し、劇団赤鬼『最果てクロニクル』が、明日初日を迎えます■...ある時代の、ある国の、北の果ての小さな町。断崖に囲まれたこの町とこの国の他の地域とを結ぶ、たったひとつの交通機関である鉄道が、廃止されることになった。今まさに、町の唯一の出入り口であるトンネルを通って、最後の列車が駅に到着した。この列車が3日後に出発してしまうと、もう二度とやっては来ない...そんなところからこの物語は始まります■普通なら町の人たちは大騒ぎをするはず。だって、これで町は世界から完全に孤立してしまうのですから。でもみんな一見至って平静、そして陽気です。どこか達観しているようにも見える■最後の列車から降り立った人たちもまた謎めいています。取材にやってきたという記者。生き別れになった父を捜しすために列車に忍び込んだ少女。永らく列車の運行に携わってきた運転士のとる行動も、今日は不可解です■最果ての町で個性豊かな人々が繰り広げる、ギャグ満載の楽しいお芝居の中で、人々と、この町の歴史にまつわるいくつかの謎が次第に大きく膨らみます。そしてついにそれら全てが明らかになり、物語は切なくも心温まる結末を迎えます。劇団赤鬼お得意の、コメディと、ファンタジーと、ミステリーを、大きな愛でくるんだ作品、『最果てクロニクル』■一年の締めくくりにぴったりですので是非是非!(艦長)

最果て.jpg劇団赤鬼 『最果てクロニクル』

12月26日(金) 15:00 19:00

    27日(土) 13:00 17:00

    28日(日) 13:00

 

※当日券は全ステージ発売されます(12/28千秋楽は前売完売のため若干枚)

【劇団赤鬼折り込み情報】

いよいよ2014年もカウントダウンです。
今週末はイキウメ「新しい祝日」東京公演を終えて、好評を博したイキウメ最新作がABCホールに登場です。
12月19日(金)19:00/20日(土)13:00・18:00/21日(日)13:00の4ステージ。
20日(土)、21日(日)13:00は当日券が若干となっております。
当日券は各公演開演1時間前より販売開始ですので、ご希望の方は暖かくしてお早めにご来場くださいませ。

ホールのまわりには今年も大小合わせてたくさんのラバーダックが来ております。25日まで!



と、クリスマスを仕込み日で過ごすABCホール
26日(金)〜28日(日)、ABCホール2014ラスト公演は劇団赤鬼「最果てクロニクル」

チラシ折り込み情報が出ました。

劇団赤鬼「最果てクロニクル」チラシ折り込み
12月24日(水)18:00より 900部

※1種類につき1名要員
※後ばさみはございません、ご希望の方は指定日時に遅れないようにご参加くださいませ。


いや・・・別に・・・クリスマスもイブも仕込みだからってイブの夜に折り込むんじゃないんですよ。ご利用団体さまのタイムテーブルの都合上ですよっっ
イブに皆で「チラシ折り込みパーティ」しましょう。


また、こちら劇団赤鬼「最果てクロニクル」の千秋楽(28日13:00 終演後に年忘れイベント付き)の前売券はただいま若干数をチケットぴあに残すのみとなっております。その他、26日(金)15:00・19:00、27日(土)13:00、17:00はお席に余裕があります。

イキウメ、赤鬼の公演、詳しくはイベント情報ページより情報をご参照くださいませ。(乗組員N)

明日初日!

イキウメ『新しい祝日』、ただいま仕込中で、明日大阪公演初日です。イキウメさんのABCホールでの公演は2011年から毎年2回、はや8回目となります■平凡な登場人物の一見何気ない日常を描きながら、いつのまにか観客をSF的異世界に引き込んでしまう劇団代表・前川知大さんの作劇。今回の『新しい祝日』では、オフィスで残業中の男の前に道化が現れ、彼を自分の人生の過去のいくつもの場面に誘う・・・のだそうです。それにしても、道化っていうのが斬新ですよね。これほど明確な非日常性の記号をまとったキャラクターが、「過去への旅」への案内人であるという、一見ど真ん中ストレートな感じ。果たしてどんな心地よい裏切りが待ち構えているのでしょうか?■それと、小学校時代の場面でポートボールが登場するのだとか。懐かしいなあ、バスケットボールに似た競技で、ゴールの代わりに、台の上に乗ったチームメイトがシュートをキャッチする、日本独自のあの学校スポーツです。体育の授業でやったなあ、人間関係出るんだよなあ、不思議な競技だったなあ・・・■それはともかくイキウメ『新しい祝日』、楽しみです(艦長)

イキウメ 『新しい祝日』 作・演出 前川知大

12月19日(金)      19:00

    20日(土) 13:00 18:00

    21日(日) 13:00 新しい祝日.jpg

イキウメ、チラシ折り込みはございません。

気がつけば12月もあと半分。
ABCホールは試写会、イキウメ「新しい祝日」、お笑いグランプリの準決勝、My Little Loverのライブ、劇団赤鬼「最果てクロニクル」と、まだまだ公演やイベント目白押しです。

お問い合わせいただいておりましたが
イキウメ「新しい祝日」についてはチラシ折り込みはございません。

劇団赤鬼「最果てクロニクル」は折り込み予定をしておりますので、改めましてご案内致します。


ABCホールの周辺には「ラバーダッグ」が大小たくさんいてますので、寒い中ですが夜のご来場の際はライトアップも楽しんでお帰りくださいませ。(乗組員N)

電光仮面役は誰?

■ご無沙汰しております艦長です■カムカムミニキーナさんの『G海峡』が終わって、とうとう世界は師走に突入しました。それからちょっと会社の催しがあって、ABCホール初登場の劇団空組さんの大ネタ『ロミオ&ジュリエット』も終わり、すでに夜の街はイルミネーションやらプロジェクションマッピングやらでキラキラしております。大っきらいです年末なんか■子供の頃の、12月後半からお正月3が日までのワクワクした感じが懐かしい。ジングルベルが流れる街、大したものじゃなくてもプレゼントは嬉しかったし、餅つきの手伝いもしたし、紅白歌合戦が終わって「ゆく年くる年」の中継映像に切り替わった瞬間の静謐に心が引き締まり、めでたく新年を迎えるともちろんお年玉、白味噌の雑煮、級友から来た年賀状、凧揚げ独楽廻しカルタ取りもしっかりやり、親戚が集まった酒宴に首を突っ込んで夜更かしして・・・ああ。じゃあ、もう一度少年時代に戻って人生やり直す?って聞かれたら、それはそれでアレなんですけどね。面倒くさいこと、それから一杯あったからなあ・・・■情緒不安定ですねどうも私。1956年・丙申の年に生まれ、干支は巡って来年は乙未、再来年2016年がついに丙申、つまり還暦なんすねー。どうよ。「少年の心を失わない」、「永遠のモラトリアム」なんてふざけて自称してきた人生ですが、ほどがあります■なんでこんな気分なのか?今日から始まるお芝居の影響かもしれません。こちらも当ホール初お目見え、大阪の新劇界を支えてきた老舗の劇団、関西芸術座さんの『電光仮面~最後の戦い~』です■元祖「テレビっ子世代」の私ですが、最初に夢中になったのが、「ローン・レンジャー」、「ララミー牧場」、「ルーシーショー」といったアメリカ製の吹き替えドラマ、国産では「少年ジェット」、「白馬童子」、そしてなんといっても「月光仮面」(当時からひねくれものの私は実は、明らかに月光仮面を模倣したと思われる「七色仮面」の方をより好んではいたのですが)。衛星放送の発達のおかげで、最近、当時の作品を鑑賞する機会も結構あるのですが、世界征服を企む悪者と主人公が、東京郊外の雑木林や横丁で地味に追いかけっこや拳銃の撃ち合いをしていたりして、なんとも牧歌的。幼い頃の美しい記憶を壊さないためには見ない方がよかった、なんて。「スーパージャイアンツ」における超二枚目・宇津井健さんのモッコリタイツ姿、なんて「テレビ探偵団」的定番ネタもありますしね■さて。≪大阪の片隅でひっそり余生を送るかつてのヒーロー・電光仮面。そこに、最後の決戦を挑んで宿敵・ブラックキングが現れる!≫という今回のお芝居、前売り券は全ステージ完売、当日キャンセル待ちという人気です■あ、そうそう、先ほどABCホール前のリバーデッキに、お馴染み ラバーダックのレプリカちゃんたちがやって来ました。『中之島ウォーターファンタジア』がいよいよ来週開幕というわけで、この界隈もクリスマスムードが高まってきております(ま、若い人はいいやね)■『電光仮面』のチケットゲットのお約束は出来ませんが、よろしければその雰囲気を味わいがてら是非お越しください!(艦長)

関西芸術座 『電光仮面~最後の戦い~ 作・山本雄史  演出・松本昇三

電光チラシ表.jpg12月12日(金)             19:00

    13日(土) 11:00B 15:00 19:00

    14日(日) 11:00 15:00

※A班・B班の2組による交互上演(キャスト詳細はコチラ

※全席完売 (キャンセルが出た場合のみ当日券発売)

※受付開始は開演1時間前より

【関西芸術座 折り込み情報】

外は刺さるような寒さですがホール内は本日初日を迎える劇団空組の皆さんの熱気が溢れていますっ!


劇団空組『ロミオ&ジュリエット』本日より12月7日(日)まで上演です!

そして来週末12日(金)〜14日(日)まで上演の
関西芸術座『電光仮面〜最後の戦い〜』
公演折り込みが確定しました!

12月11日(木)14:00〜 1500部
ABCホールロビーにて

※1種類につき1名要員
※後ばさみはございません。

ご希望の方は上記時間に間に合うよう、直接ホール入口へお越しください。(乗組員A)

【劇団空組 折り込み情報】

あっという間に2014年も12月に突入して、急に冬の空気になりました。
どうぞ皆様師も走るお忙しい月ですが、お風邪ひかれませんよう、劇場にも足を運んでくださいませ。
12月も演劇公演目白押しでございます。
劇団空組「ロミオとジュリエット」→関西芸術座「電光仮面」→イキウメ「新しい祝日」→劇団赤鬼「最果てクロニクル」

12月のトップバッターは結成10周年記念で初めてABCホールへ登場!
女の子ばかりの劇団「劇団空組」の「ロミオとジュリエット」。

公演折り込みが決まりました。

12月4日(木)18:00〜1300部
※1種類につき1名要員
※後ばさみ不可

ご希望の方は上記時間に遅れないように、直接ABCホールの入り口までお越し下さいませ!(乗組員N)

1
各ページに記載している内容は、掲載時点のものです。消費税率移行に伴う価格変更等についてご留意下さい。
バックナンバー
前の月 2014年12月 次の月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31