スタッフブログ
RSS2.0Atom0.3
Back Number
2014年5月

「のらん」明日初日!

■TEAM54プロデュースご一行、今朝小屋入りされ、明日初日です■いやー楽屋付近が男くさい。チームリーダーである前田耕陽さんの芸能生活30周年なので男優を30人集めた、ということなのですが、数えてみると、30人をだいぶ超えています。しかも結構なオッサン(失礼)もいるので、ABCホールとしては、なかなかない雰囲気です■前も書いたように、江戸末期の大阪でとんでもない反乱事件を起こした大塩平八郎を描く作品で、前田さんは平八郎の息子役とお聞きしています。 のらん.jpgチラシもたいがい強烈なデザインですが、実際の平八郎父子は、このチラシ以上の壮絶な最期を遂げたらしい。やー、熱くなるんだろうなあ■外も暑いことだし、アイスキャンディーを、キャストさん1人に1本当たるくらいは楽屋の冷蔵庫に入れておきましたんで、どうぞ!

TEAM54プロデュース「のらん

5月31日(土)     18:00

6月 1日(日)13:00 17:00

    2日(月) 15:00 19:30

【Team54プロデュース 折り込み情報】

今月末の5月31日(土)〜6月2日(月)まで、いよいよ前田耕陽氏芸能生活30周年記念「Team54PRODUCE」がABCホール初登場!
大塩平八郎の乱をモチーフに、男ばかり30人がABCホールの舞台上で暴れ回ります!!

チラシの折り込み情報が出ましたので、ご希望の方はご参照ください。

Team54PRODUCE「のらん」
5月30日(金)14:30〜1200部

チラシ1種類につき1名要員
後ばさみはございません、遅れないようにご来場くださいませ。
ご希望のお客様は直接ホール入り口へお越し下さい。

よろしくお願い致します!

「のらん」の見所は、25日(日)21:05〜ABCラジオ「浦川泰幸の劇場に行こう!」で前田耕陽氏がゲストでたっぷりお話し頂いております!!(乗組員N)

大田王の2/3が来た!

ABCテレビ『スタンダップ!』で『大田王』を取り上げてもらうことになり、今日午後、川下大洋さん、後藤ひろひとさんにABCホールの楽屋に来てもらいました。大田王のあと一人、三上市朗さんは来月頭には新歌舞伎座出演のため大阪に来られるのですが、ちょっとこの取材には間に合わず、ということで写真パネルで代演。北村真平アナウンサー・熊谷奈美さんのMCコンビに、今回の舞台にかける思いを語っていただきました。放送は6月14日(土)の深夜。十数年前の『大田王』公演の秘蔵映像もちょっぴりですが流れる予定!!これは絶対観ないと!! IMG_3084.JPG

前田耕陽さんと。

■なんとなくご無沙汰しております。ABCホールは今週はちょっとゆっくりしておりまして、日曜に、中之島春の文化祭で毎年お世話になっているダイナマイトしゃかりきサ~カスさんのライブがあるのみ。しかしまあみんなやることは一杯あるんだなー■さて、水曜の朝はいつもどおり「浦川泰幸の劇場に行こう!」の録音でした。今日は、来週の土曜から当ホールで公演されるTeam54プロデュース『のらん』のご紹介で、ゲストとして、Team54の主宰、ご存知前田耕陽さんにお越しいただきました■云わずと知れた、元ジャニーズ事務所のスーパーアイドル。しかしABCとのご縁も深く、長年当局の名物番組だったドラマ『部長刑事』シリーズの『新・部長刑事アーバンポリス24』に、若手刑事役として数年間出演されています。大阪暮らしも長くて、奥様は上方女流漫才の星・海原ともこさんですから、今やすっかり関西人といってよいのではないでしょうか■その前田さん、近年は中川浩三、副島新五(soezimax)という同年代の関西俳優とユニットを組んで、演劇活動を活発に展開中。春の文化祭にも去年・今年と連続出場していただいているのですが、本公演としてはABCホール初登場です。演目は『のらん』。聞けば、江戸末期・天保年間の大事件、『大塩平八郎の乱』(1837)の最後の3文字を取って『のらん』なのだとか■今日お会いするに当たって、日本史の教科書に登場した記憶がある程度だった大塩平八郎について簡単に調べてみたんですが、とんでもない人です。すごいインテリで、人格は限りなく高潔だが、全く計画性がないというか、想像力が欠如しているというか。天保の大飢饉以来苦しみ続けている大坂の庶民を救うために権力に反旗を翻すわけですが、もうやり方が無茶苦茶で、大坂の町を焼け野原にしてしまった。あげくに反乱はわずか一日で鎮圧され、自分は息子と刺し違えて自害。しかしこの事件をきっかけに、幕府の現体制は腐りきってもうアカンという空気が生まれ、時代は幕末へと向かっていくわけですね■ピュア過ぎて、現実社会では適応力がなくてダメダメなんだけど、だからこそ絶対憎めない。そんな男だったのでしょうか、平八郎という男。耕陽さん、この大塩平八郎について知れば知るほど惚れ込んでしまったようです■楽しみ!(かんちょう)  

IMG_3083.JPG

写真左から、岩崎真吾(劇団Patch)、浦川アナウンサー、前田耕陽さん、筆者、杞山星璃(劇団Patch)、中山義紘(劇団Patch)

 

...やります、か(天津・向がRPGのラスボスに挑む時の感じで)

■いやー文化祭終わりました。やっぱり2日間が適正ですね。去年の4日はちょっと無理しましたね。そこまで本音言わなくてもいいじゃないかー!まあいいや。でも楽しかった。出演してくれた人たちはどうだっただろう?お客様はどうだっただろう?僕も実は中身は半分も観られていないのです。悔しい。でも僕は恵まれている方です。文化祭のいやABCホールの屋台骨であるご存知I君は、ロビーまわりリバーデッキまわりの仕切りに大忙しで、毎年ほとんど何も観られていません。ごめんなさい...■それにしても、奇跡のような好天に恵まれて、過去最高の盛り上がりだったんじゃないかと思います。来年も・・・出来るかな?出来るといいな。出来ると思いますけど多分。応援よろしくお願いします!

■さて、『大田王』がいよいよ日曜からチケットの一般発売開始!わくわく。聞くところによると、日によってはアッという間になくなっちゃいそうな回もあるそうです。お急ぎください。これは絶対観るぞ。2回は観るぞ■ものすごく立派な特設ページが出来ました。梅田芸術劇場じゃないですよ、BRAVA!でもブリーゼでもないですよ、ABCホールですよこの公演(かんちょう)

お疲れ様でした~!!

■今年のゴールデンウィークも残りわずかとなってしまいました。『中之島春の文化祭2014』は、おととい・昨日と素晴らしい好天に恵まれ無事お開きとなりました。今日はあいにくのお天気です。なんとか駆け込みセーフ!といったところでしょうか。出演者、スタッフの皆様、そして何よりご来場くださったお客様、本当にありがとうございました。来年も・・・たぶん出来ると思います■"恒例の"なんて勝手に云ってますが、誰から指示されているわけでも、何に権威づけられているわけでもない正真正銘の手作りイベントなので、お客様が少なくなれば即終了です。なにとぞよろしくお願い致します■取り急ぎ、いつものロビー打ち上げ写真をアップします。参加者の皆さんには後日改めてお送りしますね。お疲れ様でしたっ!! IMG_3028.JPGABCホール、今日明日はうって変わって『ABC感謝祭2014 マイドほたるまち』のイベントやってます。  

2日目、千穐楽

■中之島春の文化祭2014、初日が無事終わり、明けて5月4日(日・祝)もいー天気!さあ、千秋楽です■昨日は、おそらく文化祭史上過去最高の人出だったと思います。今日も陽射しが強くなりそうです。野外に長い間いる予定の方は、日焼け対策などしっかりしてお越しください。素敵なフード&ドリンクもあるし、誰にでも心地よいミュージシャン限定のライブなので、お子様連れでも安心!■ホールの中は今日も15組。エコひいきはしちゃいけませんが、今日の出演者の中で艦長は個人的に...ちょっとだけビーフケーキをたくさん応援。吉本の若手コント師の二人です。一般に若手のお笑いさんは、自分たちのファンが少ない場所でネタをやることにすごく不安を覚えるものなんですが、ビーフケーキは、そういう人たちの前でこそやりたい!と、この文化祭に参加志願してくれました。その意気やよし!■そのほかにも、もーバラエティ豊かで、問題作品、実験作品もてんこ盛り!当日券の受け付けは10:30から。早めに来ていただければ、待たずにご入場いただけます。お待ちしています!(かんちょう)

5.3.JPG

今年もスターーート!

やーゴールデンウィーク後半、始まりました!初日の5月3日はいいお天気、絶好の行楽日和です。どこにいこうかなーとお考えのあなた、よろしければ、『中之島春の文化祭2014』も候補に入れてみてはいかがでしょう。前売券は完売致しましたが、ギリギリまで連休のご予定の立たなかった方のために、例年通り当日券はある程度の枚数ご用意しております。ABCホールの前、リバーデッキでは、早朝からテントなどの設営が始まりました。安全のため、11:00までは一般の方の立ち入りをお控えいただいております。受付は11:30から。当日券購入の整理番号もこの時間から発行致します。今日の開演は14:00です。12:30頃からは、屋外の無料ライブスタート、フード・ドリンクの屋台も開店です。どうぞよろしくっ!!

文化祭、そして大田王

■あさってからいよいよ『中之島春の文化祭2014』。ただいま絶賛リハーサル中です。お天気も心配なさそうだし、ほっ。

■そして『大田王2014ジゴワット~Back to 2015』、の正式ビジュアルが上がってきました!いやー部屋に飾りたいですね。このPOPでスカッと抜けた感じ、大好きだなあ。芝居のビジュアルはまず第一に楽しそうでなくっちゃ!という、当たり前のことを確認させてくれます■撮影は山田徳春さん、そして宣伝美術は何と粟根まことさん!!!そーです、あの劇団新感線の粟根さんです。演劇ファンなら周知の通り、新感線は現在、いのうえ歌舞伎『蒼の乱』大ヒットロングラン公演中です。ああ、大事な舞台の最中なのに、こんな素敵な仕事をしていただいて、ただただ感謝です■粟根さんはかつて1999年の第2回「大田王」に出演されているのですが、今回はどうしてもお仕事の都合で出演がかないませんでした。ならばせめて得意のデザインの腕を奮ってもらえないか、と大田王3人の希望もあってお願いしたところ、快諾していただいたという次第。チラシ裏面をよく見ると、粟根さんが、頑張って出演メンバーと同じポーズで写っています。いいなあ!このナカマ感■一般発売はGWが明けて5/11(土)から。先行予約の第2次募集をやっているプレイガイドもあるそうです。チケットはとにかくお早目に!(かんちょう)

1
各ページに記載している内容は、掲載時点のものです。消費税率移行に伴う価格変更等についてご留意下さい。
バックナンバー
前の月 2014年05月 次の月
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31