スタッフブログ
RSS2.0Atom0.3
Back Number
2013年4月

文化祭にトークゲスト追加!

朝日放送/キューブの共催公演でした「ゴドーは待たれながら」が終演した・・・と思ったら、もう週間天気予報は5月にさしかかっていてビックリです。もうすぐ「中之島春の文化祭2013」ではないですか!
ゴールデンウィークのご予定は観えていらっしゃいましたか?
まもなく、当日券予約のシステムをご用意しようと思ってますので、是非遊びにいらしてください。1日券2000円で多種多様の20分ステージを堪能できます。
今、全団体の台本が揃っているのですが、なんだかにやにやしてしまいます。(お先に)。

そして、5月の3日(金)の1部終わりで、上田アナとのトークゲストとして、フリーイベントの舞台映像上映前に、(おそらく)ABCホール最多出演女優の美津乃あわさんに遊びに来て頂きます!

ABCホールと美津乃あわさんといえば、懐かしい2011年1月に上演しました
ABCホールプロデュース公演第2弾 美津乃あわ二人芝居「レス」。この映像も1分ほどですが流れます!
「レス」宣伝撮影の際の美しい写真を久々にお目見えしましょう。AWA.jpg


そして、4日(土)の1部と2部の間にありますトークイベント「中之島えん魔ちゃん」にも
美津乃あわさんに参加いただけそうです!
こちらもあわせてどうぞご来場くださいませ!

チケットはまだイープラスもしくはABCホールにお電話予約が可能です。

当日券予約開始も間もなく致しますので、ゴールデンウィークは是非ほたるまちに遊びにいらしてください!


そんな訳で今から3日ー4日と屋外出店してくださるBar Beanに「打ち合せ」に行ってきます!今年はどんなお酒が販売されるかなぁ〜♪(乗組員N)

中之島春の文化祭屋外ステージ!

さて、いよいよ近づいて参りました「中之島春の文化祭2013」の屋外ステージについて、情報が揃いましたのでタイムテーブル発表です!

5月3日(金)ー4日(土) は手作り飲食ブースが並び、ウッドデッキステージではダイナマイトしゃかりきサ〜カスによる音楽ライブが昼〜夕方まで披露されます!


5月3日(金)ウッドデッキステージ!
12:30〜オープニング:ダイナマイトしゃかりきサ〜カス
12:40〜プチポワール
13:05〜Green2
13:30〜オオザカレンヂkeisuke
14:00〜わたなべゆう
14:25〜康伸
14:50〜リップシンク
15:15〜Sugar Style Spirit
15:45〜常国高史
16:10〜佐合井マリ子
16:35〜瀬戸山智之助
17:00〜トミタショウゴ
17:25〜SOONERS
17:45〜ダイナマイトしゃかりきサ〜カス


時間刻みで屋外も大変な騒ぎ!

5月4日(土)ウッドデッキステージ!!
11:30〜オープニング:ダイナマイトしゃかりきサ〜カス
11:40〜Cooley High Harmony
12:05〜ヨシダヒロキ
12:30〜大島圭太
13:00〜明香音
13:25〜QU-E
13:50〜ONE STEP
14:15〜CHAOZU
14:45〜P&A
15:10〜UNITE
15:35〜SOONERS
16:00〜高橋あず美
16:25〜The Nature
16:45〜ザ・レキオ
17:10〜ダイナマイトしゃかりきサ〜カス

飲食ブースは手作りおむすび「オトメゴコロ」、おいしいお菓子と珈琲「食堂 souffle」、スパイシーな香りがそそる「音匙」、こだわりのお酒とアテ「Bar Bean」。そして物販ブースでは出演団体のDVDやTシャツやグッズなどを販売しております。


では5日(日)と6日(月)は?!
ABC感謝祭2013MaiDOほたるまち!
で、朝日放送、ウッドデッキ、堂島リバーフォーラムまでをふくんだ「ほたるまち」が全体で盛り上がって参ります!朝日放送全社を挙げてのイベント!
もちろんABCホール内が一番盛り上がる?!
詳しくは MaiDOほたるまち! ホームページをご覧下さい!

火曜19時、追加公演あるよ!

■『ゴドーは待たれながら』、先ほど大阪3ステ目の幕が開きました。2幕で休憩込み計120分の作品。小劇場の一人芝居で二幕ものというのは珍しいと思うのですが、元ネタである『ゴドーを待ちながら』が二幕であることに倣ったのだと思われます■しかし実際問題、幕間休憩は役者のためにも必要なのでしょう。たった一人の出演者である大倉孝二さんの運動量は半端なものではありません。『ゴドーを待ちながら』というと、前にも書きましたがウラジーミルとエストラゴンという2人の男がうだうだとお喋りしながら謎の人物(?)"ゴドー"をただ待っているというお芝居。演出にもよるにせよ役者の運動量はさほどではない、という印象があったのですが、少なくともこのケラリーノ・サンドロヴィッチ演出による『待たれながら』の"ゴドー"はよく動く。大倉さんは、舞台を縦横に動き回りつつ、ヴォードヴィリアンの如き切れ味のよい身のこなしでゴドーを演じます。ウラジーミルとエストラゴンが、そして世界中の演劇ファンが待ち焦がれたゴドーの苦悩を。客席には終始笑い声が絶えないのですが、演じる側にとっては肉体だけでなく精神にもきつい舞台だそうです。文字通り全人類の苦しみを背負っているようにもみえるわけで、追い込まれるのも仕方がないかもしれません■さて、実は昨夜予定されていた、いとう、KERA、大倉のお三方によるアフタートークに、サプライズな4人目が登壇しました。20年前にこの『ゴドーは待たれながら』をいとうせいこうさんの作・演出で初めて演じた、きたろうさんです。ご自身が属するシティボーイズのライブの大阪公演千秋楽がちょうど昨日のマチネで跳ねて、共演されていたいとうさんと一緒に夜ABCホールに本作を鑑賞に来られたのです(シティボーイズミックス、僕も拝見しましたが、素晴らしくトンガった舞台でした。熟年俳優による不条理爆笑コントライブ。あんな六十代になりたい!)■自分が20年前に青山の小さな会場で3日間だけ演じて以来一度も上演されていなかった幻の作品を、つまり初めてご覧になったわけですが、きたろうさん、大倉ゴドーを大絶賛されていました。自分の戯曲を上手く刈り込んでくれた、とこれまたKERAさんを絶賛のいとうさんと共に、この作品を海外に持っていく話で大盛り上がり。なるほど、大倉さんの素晴らしい長身痩躯と無国籍?な風貌もゴドーにはぴったりです。海外の演劇ファンもこの作品には驚くかもしれません■千秋楽の明日・火曜日は、追加公演が出来たことを知らない方もおられるのか、当日券がそれなりに出ます。大阪ではラストチャンスです。発売開始は18時!開演は19時!

本日初日

godo.jpgナイロン100℃ side session#12『ゴドーは待たれながら』(作:いとうせいこう、演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ、出演:大倉孝二)、本日大阪公演初日です!いやー早く観たい!!

 『ゴドーは待たれながら』 

4月21日(日) 13:00 18:00★

  22日(月)       19:00

  23日(火)       19:00(追加公演)

※当日券出ます

  (日)(月)は若干枚

  (火)はある程度

 各回開演1時間前より発売です!

 ★いとう、KERA、大倉三氏によるアフタートークあり godot 縮小.JPG         

G依存症

■『中之島春の文化祭2013』、近づいて参りました!絶賛前売り中!!■その前に『ゴドーは待たれながら』、あります!4/23(火)の追加公演、若干残席あります!東京では、当日券が買えず泣く泣く帰ったお客様が連日多数出たという人気の作品です!■その間にあるエレキコミックのライブは前売が売切れてしまったらしいですが、当日券若干あり!■あ、今夜のABCテレビ『スタンダップ』は中之島春の文化祭特集です。「あなたにとっての文化祭とは?」という質問を、何人かの役者さんにしています(僕もカメラの横にいたのですが、呼んでもらえませんでした)■ラジオ『浦川泰幸の劇場に行こう!』もあるし。芝居、観なくちゃいけないし。何だかわからないが、あー盛りだくさん過ぎる。

■さて、僕はネット依存症です。いや、正確に云うと、検索依存症です。道を歩いているときにもスマートフォンをいじり続ける『スマホ馬鹿』と呼ばれる人種がいますが、僕は検索馬鹿かもしれない■テレビを観ている。画面に映っているタレントさんが誰か分からない。とりあえずリモコンの「番組情報」ボタンで名前の見当をつける。「あーこの人が」・・・で済めばよいが、さらに気になる場合はその名前を手元のスマホで検索する。画像検索の結果も自動的に表示されて、「セクシーショットも案外OKなんだ」って余計なことを知ったり■芝居を観に行く。終演後、一番最初にやりたくなるのは、気になった役者さんの名前を検索することだ。大抵の場合、劇団○○を観に行く際、○○についてはある程度知っている場合が多いので、調べるのは気になった客演の役者さんと、その人の所属劇団について。そんなわけで今も、おととい鑑賞した若手劇団の作品に客演で出ていた別の劇団の役者さん(僕の子供たちよりはるかに若い)が仲間とやっているウェブラジオを聴きながら、これを書いていたりする。ここにたどり着くまでに幾度検索をかけたことか■このブログは、会社のサイト内から発信しているものだから記述する内容に間違いがあってはいけないので(ゼロではないと思いますが)、例えば過去に上演された芝居の話など、必ず検索サイトを何度も使ってチェックしながら書き進めている■仕事中ももちろん。知らない団体の方からABCホールご利用希望のメールをいただいたら、まずその団体名を入力して検索しHPを探し出す。お電話をいただいた場合だと、会話しながら団体名を検索したら、相手の方のお顔まで画面に出てきて(劇団の役者兼制作さんみたいな場合ですね)、それを見ながらお話したりすることもある■そんなこんなで、数えてみたことはないが、公私合わせて一日に軽く百回以上は検索システムを使っていると思う。恐ろしい。まあ僕の検索回数がどんなに多くてもそれはよい■しかし、『ちょっと分からないこと』、『何となく気になったこと』についての解答が、誰でもこんなに簡単に手に入るようになったというのは、人類の知の歴史において実に大きな変革であるはずなのだ。その変革がほんの十年ちょっと前から起こり、自分もそこに立ち会っているという偶然が恐ろしい■『森羅万象が、掌の中に収まる小さな機械に詰まっている』、という感覚。・・・錯覚。眩暈がしてしまう(艦長)

【ゴドーは待たれながら】折り込み情報

先日の地震は皆様大丈夫でしたでしょうか。久々に関西で強い揺れを感じて動揺致しました。

大阪はここ数日ぐっとあたたかく、造幣局の桜の通り抜けも始まったとのこと(今年は行けるかなぁー)です。ようやく春本番という気分です。

さて、今週末よりいよいよ、朝日放送×キューブが大阪公演主催となります
作:いとうせいこう×演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチによる 大倉孝二一人芝居「ゴドーは待たれながら」がABCホールに上演されます。

東京公演は先日盛況のうちに終了されたようです(キャンセル待ちの当日券に長蛇の列が出来たそうです!)、大阪公演も21日(日)ー22日(月)については前売完売ですが、23日(火)の追加公演分がチケットぴあさんの取り扱いで若干ございますので、ご希望の方はお早めに確保してください!
※各回当日券は若干数。開演の1時間前よりホール入り口にて販売。

お問い合わせをいくつかいただいておりますがチラシ折り込み情報は下記です。

「ゴドーは待たれながら」
4月20日(土)15:00  1100部
ABCホールロビーにて

後ばさみ無し、1種類につき1名要員。


ご希望の方は直接ABCホールロビーへ御時間前にお越し下さい。
楽しみな公演です!(乗組員N)

本日初日

Infinite『Mores』昨日小屋入りされ、本日初日です。イケメン&美女が揃った東京のカンパニー。当ホールでは2度目の公演になります。前回の演目は『イケメン金融工学』。お芝居を観ることによって金融の世界のカラクリを知ることができる、という触れ込みだったと記憶します。何かの事情で私その舞台を拝見することが出来なかったのですが、今回は更に興味津々です。何せ、題材が"風俗業界の裏側"ということで(、、、)■さて昨日私、雑誌『ユリイカ』2013年1月号の『この小劇場を観よ!2013』という特集を読んでいたのです。巻末に『この劇団がすごい!2013』という資料があって、41の団体が各1頁を割いて紹介されているのですが・・・。本を家に置いてきたので大体ですが、名前を知っているところが半分ほど、1作品でも観たことがあるところが10に満たないって感じでした。なーんにも知らんな、おいら■雑誌の志向するところに因る部分も大きいのでしょうが、舞台写真を見るだけでも、非常にコンセプチュアル、エクスペリメンタル、アーティスティック・・・な作風であろう劇団がいっぱい!『小劇場演劇』、なんて一言で括ってしまえば非常に狭いジャンルみたいですが、多様だなあ・・・と改めて痛感した次第です(艦長)

Mores.jpgInfinite 『Mores』

4月11日(木)      19:00

   12日(金)      19:00

   13日(土) 13:00 18:00

   14日(日) 12:00 16:00

※当日券は開演1時間前より発売

※上演時間は約1時間45分(予定)

『オズ』小屋入り、そしてキャスト変更のお知らせも・・・

■入学式のシーズンです・・・などとキーボードを叩きながらふと考えてみたら、僕が小学校に入学したのがちょうど50年前であることに気づきました。半世紀か、すごいなあ。時の流れは容赦がない。道理で昨夜、3年前に亡くなった父親宛に何故か届いた高級介護老人ホームのパンフレットを入念に読み込んでしまったわけです。結構リアルに検討してしまいました。はは■さて、お馴染み伊藤えん魔プロデュースの『オズの魔法使い』ご一行様、本日劇場入りで明日初日です■オズっていうと僕の世代的には、今から40年近く前に放映されたシェリー主演の国産テレビドラマが懐かしい。シェリーさんは、当時大人気だったハーフの美少女。今で云うと、トリンドル玲奈ちゃんとかローラちゃんみたいな存在ですね。そんな彼女が僕と1つ違いであることも教えてくれた例のウェブ上の百科事典によると、このドラマ、数分間ですが緑と赤のメガネをかけて見る立体映像が使われていたそうです。へー!そこまでは覚えてないけれど、つまり3Dテレビのはしりじゃないですか。すごいすごい■映像化作品で一番メジャーなのは、1939年アメリカで制作されたジュディ・ガーランド主演のミュージカル映画ですね。先日たまたまBSで放映していたのでばっちり鑑賞しました。前半、主人公の少女・ドロシーが竜巻に巻き込まれるあたりのモノクロームの特殊撮影が見事。そして彼女が愛犬トトと共にオズの国に飛ばされ、画面が天然色になってからは、記憶の中のイメージと大きく違う、かなり不気味な物語でした。オズとは一体何者なのか?謎めいた描写に満ちている オズ.jpg■19世紀末の児童文学であるこの『オズの魔法使い』、古くから「実はこの物語は○○のメタファーなのであーる」と様々な解釈がされてきたのだそうです。なるほどなって思いました。未見ですが、現在公開中の映画『オズ はじまりの戦い』も原作の前日譚としてオズの謎に迫っているとか。そしてこの伊藤えん魔版オズも、『はじまりの戦い』と偶然リンクしたようなストーリーになっているそうです。映画を観る前に是非!とのこと■関西小劇場界の看板役者たちが主要な役どころを押さえたBLACK版が4回、オーディション組がメインでベテラン陣が脇を妖しく固めるWHITE版が2回、賑々しく、明日夜開幕です(艦長)

伊藤えん魔プロデュース『オズの魔法使い』 

 4月 5日(金)          19:30★

    6日(土)14:00☆ (T) 19:00★

    7日(日)13:00★ (T) 18:00☆

    8日(月)      (T)  19:30★ 

 

※★:BLACK版  ☆:WHITE版

※当日券は開演1時間前より発売

※(T)・・・夜の部開演2h前より「暇つぶし義援トークショウ・500円えん魔ちゃん」

■伊藤えん魔氏より、謹んでキャスト変更のお知らせです

 ①WHITE版のかかし役が大塚宣幸になりました。

 ②4/7(日)13:00★にはSun!!が出演しません。Sun!!担当の門番役は末満健一が演じます。

【伊藤えん魔プロデュース折り込み】

さて、本日よりイープラスさんで販売開始しました「中之島春の文化祭2013」、どうぞ皆様ゴールデンウィークはABCホールへ遊びにいらしてください!

その文化祭にも御出演くださいますキャストが多数御出演の「伊藤えん魔プロデュース オズの魔法使い」が2013年度第一弾、今週末に上演されます。

折り込み情報は下記です。

伊藤えん魔プロデュース「オズの魔法使い」
4月4日(木)18:00〜 1300部

※1種類につき1名要員
※後ばさみ無し


ご希望の方は指定日時にチラシをお持ちの上、直接ホール入り口までお越し下さいませ。(乗組員N)

1
各ページに記載している内容は、掲載時点のものです。消費税率移行に伴う価格変更等についてご留意下さい。
バックナンバー
前の月 2013年04月 次の月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30