スタッフブログ
RSS2.0Atom0.3
Back Number
2012年12月

2012、おしまい

■2012年ABCホール最後の公演、伊藤えん魔プロデュース『ロミオとジュリエット』、千秋楽終演しました。終幕間近には、客席ですすり泣く女子多数。あんだけアホらしいボケを積み重ねておいて結局ここまで持ってくるんですから、恐るべしW.シェイクスピア、そして恐るべしE.イトウ!未萠里ちゃん、可愛かったです。美津乃さん、かっこよかったです。というわけで、最後はスタンディング・オベーションの嵐!今回の公演ではここまで封印されていた、カーテンコールでの恒例、出演者全員による「キャバレー」熱唱も飛び出しました。お客様も大満足されたことでしょう。お帰りの際、入り口の隅っこに置かれた小さな門松に気づいていただけたでしょうか?(サトウ花店さん、ありがとうございます)■ただ今、今年最後のバラシ真っ最中です。どうしようかな?打ち上げ始まるの、何時くらいになるだろう?今年最後だし、忘年会代わりに一杯だけお相伴したいんだけどな。終電の時間とにらめっこだな。

■おととし・2010年の秋、大阪・梅田のHEP HALLで中村勘三郎さんの姿をお見かけしました。いつも本欄で僕が絶賛しているイキウメの大阪公演を観に来られていたのです。大阪城で「平成中村座」公演中のことです。ものすごいサービス精神で、獅子奮迅という言葉でも追いつかないくらいの熱演を続ける日々。そのわずかの合間を縫って、小劇場で若手の芝居をこっそり勉強するなんて。なんて人なんだろうと思いました■今日の昼間、告別式の模様を報じるテレビを見て暗澹たる気分になりました。そして夜にホールで芝居を観て、少し元気になりました。こんなに頑張っている人たちがいる。巨大な喪失ですが、後に続く者たちがそれを埋めなければなりません。そして新しい高みを築かねばなりません■さて、ここは最後、名台詞の宝庫・シェイクスピアの戯曲からカッコイイ文句を引用して締めたいところですが、浅学の身には思いつきません、、、残念です。

どうぞよいお年をお迎えください。

『ロミオとジュリエット』、初日

■2012年ABCホールラインアップの掉尾を飾る公演、伊藤えん魔プロデュース『ロミオとジュリエット』ちょっと変則スケジュールで、振替休日のきょう月曜初日です!■いつもそうですが、えん魔プロデュースのお芝居は、さながら関西小劇場界の座長公演。多くの集団の座長・主宰がズラリ名を連ね、まして今回は演目が沙翁のアレですから、まさにクリスマスにぴったりのゴージャスな作品でありましょう。さらに!どうやらタダのロミオとジュリエットではありません。全6ステを各3回ずつ『絶望バージョン』『希望バージョン』と名づけて、ストーリーも配役も違えて上演するという試み。ざっくりいうと、《絶望》がオーソドックス版、《希望》が結末にもビックリのアヴァンギャルド版みたいです。芝居を2本創り上げなければならないわけですから、単純に2倍の労力というわけではないにしても、スタッフ・キャストともかなりの重荷のはず■加えて、主要キャストである劇団赤鬼の行澤孝さん(座長)に橋爪未萠里ちゃん、先週末ABCで本公演やってましたよね?劇団ひまわりの田渕法明クンに至っては、なんと昨夜のブログで、「東京公演終了しました!」と書いておられます!?えーと、田渕法明出演、ブルーシャトルプロデュース『ゼロ』大阪公演は、2013年1月11日(金)~14日(月・祝)、当劇場にて!つまり、東京公演と大阪公演の間を縫って今回の出演というわけです。いやはや、皆さん忙しい中頑張っておられます。こういう時ってかえって集中力がハンパなく発揮され、いい芝居が出来るんじゃないでしょうか?■とにかく、いつもにぎやかハイテンションの伊藤えん魔プロデュース、まもなく開幕、売れ行き好調とのことで、予約はお早めに!いつものように、トークショー『500円えん魔ちゃん』もあります!

伊藤えん魔プロデュース『ロミオとジュリエット』

 原作/W・シェイクスピア  脚本・演出/伊藤えん魔

 

12月24日(月・休)          19:30★      ★・・・絶望バージョン  ☆・・・希望バージョン

    25日(火)           19:30☆       

    26日(水) 14:00☆ karaoke 19:30★      karaoke・・・義援500円えん魔ちゃん(17:30~18:30) 

    27日(木) 14:00★ karaoke 19:30☆

ロミオトジュリエット.jpg  

 

松尾スズキさん一人舞台、取り急ぎ・・・

■今日・明日は、作/演出・松尾スズキ&天久聖一、出演・松尾スズキ、『生きちゃってどうすんだ』です。サブカル界の大スターだとばかり思っていた松尾さんですが、今月から何と朝日新聞(夕刊)で小説の連載を始めておられます。ABCホールでの初の一人芝居はわずか3ステ。そりゃもう売り切れますわな。なので取り急ぎ当日券情報です。

松尾スズキ 『生きちゃってどうすんだ』

12月21日(金)       19:00

    22日(土) 13:00 17:00

 

■明日・22日(土)の当日券は、下記で電話予約受付中です(本日18時まで。お1人様2枚まで。予定枚数に達し次第終了)
 ★0570-06-9901

■また、各回開演1時間前から、ABCホール受付でも若干枚発売予定です(お1人様1枚のみ。未就学児童の入場はご遠慮ください)

 

冬ものがたり2012 クリスマスライブ

12月14日から開催されている『中之島ウエスト 冬ものがたり2012』
ABCホール界隈では絵画やウォーターショーなどの素敵な催しが行われているのですが、
さらに!22日〜24日の3日間、屋外のイルミネーションステージでクリスマスライブが行われます!

中之島ウエスト
冬ものがたり2012 クリスマスライブ

【出演者
○12月22日(土)

  ダイナマイトしゃかりきサ〜カス 17:45〜/18:47〜/19:47〜

  SOONERS 18:17〜/19:17〜/20:17〜

○12月23日(日)

  UNITE 17:45〜/18:47〜

  伊沢ビンコウ 18:17〜/19:47〜

  明香音 19:17〜/20:17〜

○12月24日(月・祝)

  ダイナマイトしゃかりきサ〜カス 17:45〜/18:47〜/19:47〜

  松中啓憲 18:17〜/19:17〜/20:17〜

ABCホールの周年イベント『中之島春の文化祭』屋外ステージを毎年盛り上げてくださっているダイナマイトしゃかりきサ〜カスさんや、SOONERSさん、UNITEさんをはじめ、素敵なアーティストがこの冬お届けするスペシャルクリスマスライブです!
是非光と音楽と楽しみにABCホール前ウッドデッキへもお越し下さいませ!(乗組員A)

【伊藤えん魔プロデュース折り込み情報】

寒さが厳しくなって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

ホール前のリバーデッキと川沿いには素敵なイルミネーションがキラキラと輝いております。

さて今週末には松尾スズキさんの一人芝居が、来週のクリスマスには伊藤えん魔さんのプロデュース公演「ロミオとジュリエット」が上演されます。

今日は「ロミジュリ」の折り込み情報のお知らせです!

伊藤えん魔プロデュース「ロミオとジュリエット」

12月23日(日)19:00より 1200部

ご希望の方は上記日時に1種類1名要員でABCホール入口までお越し下さい。
※後バサミはありません。


希望バージョンと絶望バージョン、2パターンの「ロミジュリ」が上演されます。
イルミネーションもご一緒にぜひご来場くださいませ。(乗組員A)


赤鬼、そして冬ものがたり

■おなじみ、劇団赤鬼さんは昨日劇場入りされまして、『WHITE UNDER PLANET』、明日が初日です■今回は時を越えて繰り広げられる地下の大活劇!幾年もの年を経て、地下で行方知れずになった一人の少年からメッセージが届く・・・。誰の心にも残っている子ども時代の冒険心をくすぐる魅力的な設定です。きっとクリスマスシーズンにふさわしい演出も満載されていることでしょう!以下、劇団公式ブログから、作/演出の川浪ナミヲ氏の熱いコメントを記します!

座長行澤孝が吠える姿を観に来て下さい■土性正照の抜群の存在感を観に来て下さい■山口尋美の大人の女性っぷりを観に来て下さい■岡本拓朗の器の大きさを観に来て下さい■下村和寿の優しく魅力的な演技を観に来て下さい■原敏一の演技の巧みを観に来て下さい■竹田聡支のキメっぷりを観に来て下さい■田川徳子のハツラツとしたオチャメっぷりを観に来て下さい■橋爪未萠里の少年役萌えを観に来て下さい■西国原菜々の小さな体から繰り出すパワーを観に来て下さい■竹内沙奈恵の下手くそだけど元気いっぱいを観に来て下さい■トランキライザーの面々がバタバタ忙しく舞台を走り回る様を観に来て下さい■川浪ナミヲの痛風を労りに来て下さい。

■さて、ここでお知らせ。劇団赤鬼が初日を迎える明日12月14日(金)から、ABCホール界隈では素敵なクリスマスの催しが開催されます!題して『中之島ウエスト 冬ものがたり2012』東はオープンしたばかりの中之島フェスティバルタワーから、西は京阪中之島駅まで、いくつかの会場でクリスマスシーズンにぴったりなきらびやかな企画が目白押しです。ABC近辺だけに限ってご紹介すると・・・

ほたるまち・光絵画★朝日放送の建物の壁面にファンタジックな光のアートが!(18:00-21:00)

中之島ウォーターファンタジア★ABCホールの南側、ほたるまち港で噴水と光と音楽のショーが!(18:00-21:00)

Xmas Smart Food Fair ★ほたるまち港周辺にキッチンカーが並び、多彩なフードが!(11:00-21:30)

ほたるまち・リバーマーケット限定スイーツ★ABC女子アナとほたるまちの人気イタリアンがコラボしたお菓子が!(18:00-21:30)


・・・つまり、今回赤鬼を観にこられた方には会場付近でもれなく楽しいクリスマスイベントがついてくるというわけ!是非是非お越しください!

そんなわけで必見の・・・

劇団赤鬼 『WHITE UNDER PLANET』 作/演出:川浪ナミヲ・高見健次

whiteunderplanet.jpg12月 14日(金)       19:30

     15日(土) 14:00 18:00☆

     16日(日) 13:00 17:00

☆・・・終演後クリスマスイベント開催

※当日券は、開演45分前から発売








雑賀さんのこと

■前項で紀州・雑賀衆のことを書いたら、「そういえば昔、雑賀ヨウヘイという漫画家が好きだったな」と思い出しました。僕が中高時代愛読していた漫画専門誌「COM」でデビューしたナンセンス漫画家。独特のユルイ描線が魅力で、週刊朝日のかつての人気企画「デキゴトロジー」の挿絵を描いていた方と云えば思い出してもらえるのではないでしょうか?たしか関西ご出身で、ひょっとしたら雑賀衆の末裔?と思い、今ネットを調べてみたら、雑賀陽平さんは神戸のお生まれで本名は石井利信。そして何と...2005年のJR福知山線の事故で亡くなっておられます(享年55)。当時画廊に勤務されていて、その通勤途中のことだったとか。漫画家としては活動を休止されており、名前が違うこともあって、漫画家・雑賀陽平の死は余り話題にならなかったような気がします。画風はあくまでソフトだけれど、時代を撃ち抜く4コマを得意とされていました。つまり、雑賀陽平は、鉄砲術を得意としていた忍びの集団、雑賀傭兵なんだろうか?■気のせいかもしれませんが、急に空気が冷え込むこの季節には毎年訃報が多いような気がします。今朝は、思いがけず7年前の不幸な死にも思いを致してしまいました。生きてる、って大事なことです。ありがたいことです。本当に(艦長)

『SAMURAI挽歌Ⅱ』

■かつて紀州に雑賀衆と呼ばれる人々がいました。応仁の乱の頃歴史上に姿を現し、戦国時代、鉄砲の技術を駆使して地上最強の傭兵軍団として恐れられました。秀吉の手によって滅ぼされ、以後歴史の表舞台から姿を消しました■この忍びの集団が、徳川の時代ずっと密かに命脈を保っていたら?そして江戸末期、維新に至る動乱の中の、ある大きな事件に関わっていたら・・・?そんな「IF」を元に創られたアクションミュージカル時代劇。それが、間もなく開演する、水木英昭プロデュース『SAMURAI挽歌Ⅱ』です。ABCホール初お目見えなんですが、当日券は若干枚、特に夜はほんのわずかだそうです。急げ!

水木英昭プロデュース『SAMURAI挽歌Ⅱ』

SAMURAI挽歌II_omote1010.jpg12月11日 (火)  14:00   19:00

※当日券(若干枚)は開演1時間前から発売

【劇団赤鬼折込情報】

今日は東京より「水木英昭プロデュース」さんが仕込みに来られております。明日平日の2ステージだけですが、ほぼ完売、当日券はじゃっかん!とのこと。

そして水曜日からは前述のブログでご紹介させていただきましたが劇団赤鬼さんがお越しになられます!

折込情報が揃いました。

劇団赤鬼「WHITE UNDER PLANET」

12月13日(木)18:00より800部

ご希望の方は上記日時に1種類につき1名要員で折込にご参加ください。

※後バサミなし。

公演は14日~16日まで、15日18時開演の終演後には劇団員さんとのクリスマスイベントがあるようです。昨年も行われましたが、赤鬼らしいアットホームイベントとなっております!(乗組員N)

 

【水木英昭プロデュース折込情報】

本日よりイキウメさんで、日曜日まで公演ですが翌週の劇団赤鬼さんまでの間にもう1団体上演されます。

東京より、水木英昭プロデュースさん「 SAMURAI挽歌II」が12月11日(火)に2ステージです。

平日夜公演ですが早々に19時開演分は完売!

この公演でのチラシ折込が決まりました。

12月10日(月)15時より600部

※後バサミなし

※1種類につき1名要員

ご希望の方は指定時間にホール入り口へ直接お越しくださいませ。え・・・大阪日曜日雪が降るなんてうそですよね?!(乗組員N)

 

各ページに記載している内容は、掲載時点のものです。消費税率移行に伴う価格変更等についてご留意下さい。
バックナンバー
前の月 2012年12月 次の月
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31