スタッフブログ
RSS2.0Atom0.3

感服

■このところ週3くらいのペースで演劇鑑賞をしていて、まあ楽しんだり感心したりガッカリしたりしているわけなんですが、先日、演劇じゃないですけど、エライモノを観てしまいました■本当に遅ればせながらで恐縮ですが、アニメ『トイ・ストーリー』(1995)です。公開中の『3』を観る前にまず、と思って1作目のDVDを借りたんですが・・・すごいじゃないですか!なんで15年間誰も教えてくれなかったんだ!友だち少ないからなあ・・・■日本でのセルビデオの出荷本数が190万本!とのことですから大抵の方はご存知なんでしょうが、まったく恐ろしく完成度の高い作品ですね。たった80分ほどの本編の中に、ファンタジー、ミュージカル、スラップスティック、カーアクション、ホラー・・・あらゆる映画的エンターテインメントの要素がぎっしり詰まっています■中でもウッディとバズという2人の主人公のバディ・ムービーとしての描写が素晴らしい。《いがみ合っていた2人が共通の目的のために協力しあい次第に友情が芽生えていく・・・》という黄金のパターンが、ストーリーの縦糸として全編を貫きます。手に汗握るクライマックスでは、ちょっと露骨な伏線に思えたある小道具による問題解決策があっさり裏切られ、そして鮮やかにもうひとつの伏線が回収される・・・もう見事としかいいようがありません■しかも、レンタルショップのサービス期間中で、なんとDVDが1週間で百円。うーん、百円でこんなもの観られちゃったら、しかも、すべてコンピューターで描かれたキャラクターたちにあれだけ心躍らされちゃったら、何だかつらいよなあ・・・一人の役者として■役者じゃねーよ!(艦長)

 

前の記事

あの男たちが動き出す!

2010年07月26日月曜日
前の記事 前の記事
次の記事

レトルト内閣、本日初日!

2010年07月30日金曜日
各ページに記載している内容は、掲載時点のものです。消費税率移行に伴う価格変更等についてご留意下さい。
バックナンバー
前の月 2010年07月 次の月
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31