スタッフブログ
RSS2.0Atom0.3
Back Number
2010年5月

「スペースウォーズ」本日初日!

■演劇ユニット・30-DELUX(さーてぃーでらっくす)と、ダンスユニット・電撃チョモランマ隊の合同企画『スペースウォーズ』、大阪公演初日です!

■30-DELUXさんからは、昨年大阪の別の劇場での公演の際にご招待いただいていたのですがどうしてもうかがえず、私全くの未見です。今回の公演は、5人の作家陣によるショートストーリーが最後にはひとつにつながる『新感覚のダンサブルアクションコメディー』とのこと■狂言とか漫才とか脱力系コントとか、『突っ立ったままの笑い』が好きなover50の私がついていけるかやや不安ですが・・・東京公演をご覧になった方のブログなどをチェックすると、大好評のようですよ。あの桜塚やっくんもゲストで出演です! スペースウォーズ.jpg

30-DELUX×電撃チョモランマ隊

『スペースウォーズ』

5月28日(金)          19:00

  29日(土)  13:00   18:00

  30日(日)   13:00    17:00

    ※当日券(5,300円)は各回の開演1時間前より発売!

 

「の」と「ふ」と「し」

■一昨日、大阪の「森ノ宮ピロティホール」に行ったのです。実は初めてお邪魔したのですが、私ずっと、「森ノ宮」じゃなくて「森之宮ピロティホール」だと思っていました。「森ノ宮」なのか?「森之宮」なのか?どっちなんこの町■そもそも、住居表示の上でこの地区は「城東区森之宮」と「中央区森ノ宮中央」に分かれているのだそう。地図などを見ると、JR、地下鉄とも駅名は森ノ宮ですが、高速の出入口は森之宮、ホールは森ノ宮、市立小学校は森之宮、と実にややこしい■兵庫県の「さんのみや」、「にしのみや」も昔はいろんな表記が入り乱れていたのですが、現在はほぼ「三宮」「西宮」に統一されているようです。モリノミヤに住んでる人たち、悩んでいないのかしら?気になるなあ・・・■さて、この森ノ宮ピロティホール、かつて「大阪市立労働会館」の付属施設として活躍していました。近年しばらく閉鎖されていたのですが、この度民間企業の運営によって新装オープンしたのです。劇場が足りない大阪の町としては素敵なニュースです。ところが私、お恥ずかしいことに到着直前まで、このホールと、すぐそばの『大阪府立青少年会館プラネットホール』を混同していました(こちらも既に閉館)■

ピロティホール.jpg大阪市立労働会館森ノ宮ピロティホール

大阪府立青少年会館プラネットホール 

 ・・・うーん。少なくとも、大阪人でない僕には相当ややこしい。しかも両者の距離は200m少々■かつて、似通った名前を持つ公共ホールが隣り合わせに建設され、そして最近共に閉鎖されたという事実が、現在の大阪府、大阪市、そして日本の行政が抱えるある種の問題の象徴でもあるような気がするのです■上町台地の端に位置し、大昔ナニワの地が台地以外はほとんど海ないしは湿地帯であったことを証明する貝塚遺跡が残り、大阪のシンボル大阪城のそばであり、名高い砲兵工廠跡にも隣接するという、ある意味で大阪の歴史的中心地であるモリノミヤ。ピロティホールの復活を契機に、劇場文化の発信地として、これからより活性化してほしいと思います■

 ← 新生・森ノ宮ピロティホールです。ピロティ(高床)式で建築されているのは、地中の遺跡を守るためなんだそうです。結構長いこの階段にも意味があるんですねー!道路の向かい(カメラの後方)は、今はなき近鉄バファローズの本拠地・日生球場の跡地です■この日は西川貴教さん主演のミュージカルで満員の盛況。 ピロティホールは見事復活しましたが、プラネットホールは既に解体されているそうです・・・残念(艦長)

【30DELUX挟み込み情報】

急に暑くなってまいりましたがもう5月も半ば過ぎ。また梅雨の時期がやってくるのでしょうか。ABCホールは今月来月ともにたくさんの劇団さんがご利用くださいます。お足元悪い中になるかもしれませんが是非とも足を運んでください!文化祭から始まったこの2歳になったばかりのABCホール、今月を締めくくりますのは東京より当ホール初登場となります30-DELUXと電撃チョモランマ隊の合同企画公演「スペースウォーズ」。現在東京公演真っ最中の彼らは、ABCホールで公演後、名古屋・福岡へと飛ぶようです。

アクションコメディーを得意とする30-DELUXと、ストリートダンスユニットの電撃チョモランマ隊。エンターテインメント要素たっぷりのオムニバス公演だそうです、是非是非堪能しに来てください。

 

さて、挟み込み情報です。

5月27日(木)16:00~1000部

※1種類につき1名要員 ※後バサミなし

となっておりますので、上記お時間に直接ABCホールロビーへお越しください。

 

今日から売込隊ビームの「トバスアタマ」開演!当日券も出るそうですのでどうぞ足を運んでください!お待ちいたしております(乗組員N)

『一言一句』ということ。そして!明日からのホール情報

■メールとかブログとかツィッターとかが日常的になって、日本語の文体というものが急速に変貌してますね。まあ言葉は時間と共に変化するもんだし、それは全然いいんですが・・・■そう云えばこの『全然』の使い方も然りです。中学の時の国語の文法の先生から(うちの中学の現代国語は"文法"と"読解"の2つにわかれていたのです...まぁお洒落!)、『"全然"は否定呼応の副詞であーる!』と、まるで「一生忘れるな!」といわんばかりの大声で習ったのをその通りまだ憶えていまして(先生も教え甲斐あるよな、僕みたいな生徒ばかりだと)、つまり、『全然』の後には否定形が続くのが日本語のルール(ex.「そのギャグ全然面白くないー」)ってことですね。ところが数年前に、"実はそうとも言い切れないよ"ってことを詳細は忘れましたがある本で読み(漱石や鷗外の文章にも『全然+肯定』の用例があるとか)、この間NHKの日本語の番組(好きだった『ブラタモリ』の後番組)でもたしか「条件つきでOK」みたいな結論になっていて、『はーそうなんだー』と認識を新たにしていたのです■まあ、自分も『全然+肯定』は時々使うし、とはいえ大昔から信頼していた権威が崩れる寂しさみたいな感じもちょっとあって(父親の部屋の隅からHな本を見つけたときみたいな・・・違うなこれ)、まあ悲喜こもごもだったわけです■さて、一代前の総理大臣のときに気づいたんですが、ある新聞(のウェブ版)に、日々の首相のぶら下がり会見の一問一答が、多分ほとんど彼が発した言葉どおりに全文掲載されていたんです。ご存知の方も多いでしょう。普通の人の場合でも、発した言葉そのままを字にすると、「えー」とか「まあ」とかがすごく多くて、「てにをは」がおかしかったり論旨が途中でズレちゃったり、まあひどいもんですよね。そういうのを正しい日本語でコンパクトにまとめるのが記者の仕事のような気もするんですが・・・■特に言葉の使い方が非常にユニークで話題になった首相だったからでしょう、そういう特質をリアルに伝えようとしていたというか、ま、明らかに揶揄する意図もあったと思うんです。うん、あれはあれで面白かった■でね、この手法は今の首相に対しても続けられているみたいなんですが、誰にでも使うなよっ!と思ったことが今朝あって・・・■報道でご存知の方も多いと思いますが、昨夜遅く、今年の将棋名人戦が決着しました。羽生名人が4連勝で防衛という圧倒的な強さを見せたシリーズだったんですが、その終局後の記者会見の一問一答が、首相ぶら下がり同様、まったく名人が発話した通り(多分)に主催紙の紙面に掲載されているんです。あれはどーかなー■史上最強の天才棋士が、まる2日間「脳みそに汗をかく」といわれるくらい頭脳を使い果たしてようやく勝利を手にした直後です。羽生さんは、大勝負で勝ちを確信すると時に駒を持つ指がブルブル震え、桝目にきっちり駒を置けないほどになることで有名です。大名人にしてそれほどの昂ぶりと緊張を強いられる世界なのです。極度の疲労と、去来する様々な思いの影響で、ベテランタレントでもなければまともに話せるわけがありません。しかも将棋の世界は、最近引退した大横綱に欠けていたとされる『惻隠の情』がいまだ色濃く残っている業界で、勝ったからといってガッツポーズをしたり、自慢めいたコメントを発したりは決してしないのです■だから、どうしてもコメントは「ええ」とか「はあ」とかが多く、曖昧な言い回しに終始しがちになる。それをそのまま記すなんて・・・。おまけに、「あの~」とか「かな~」とか「ニョロ」まで使う始末。一体どういう意図があるんだろう?リスペクトが若干欠けてるように受け取れるし、なんか感興をそがれるよなー(艦長)

■と長々愚痴ったところで明日からのお芝居のご紹介!

売込隊ビーム 『トバスアタマ』    作/演出・ 横山拓也

5月21日(金)        19:30 

トバスアタマ.jpg   22日(土)  14:00  18:00 

   23日(日)  14:00

■売込隊ビームらしい、陰影のキリッとしたすごく面白い作品に仕上がっているそうです。12年前、まだ作・演出の横山さんがまだ学生だった頃に書き下ろし上演された作品を、今回全面的に書き直したものだとか。先日『決戦!!ひなた荘』で可憐な少女を演じた劇団赤鬼の橋爪未萠里さん、タニマチ金魚のご存知・楠見薫さんほかゲスト陣もいっぱい■上映時間は実に程よい1時間40分を予定(一幕劇はこれくらいがイチバン!)。また、終演後、売込隊ビーム名物の「300秒ショー」も百円玉1枚でご覧いただけます!(ショーの中身も決まったそうで、興味のある方は劇団ブログをどうぞ)

 

※当日券は 開演45分前からホール受付にて発売!(金)(日)は残席わずか。良席は土曜夜がおススメとか!

         

ブルースカイにお願い

2010051511070001.jpgピーカンの空にひこーき雲。昨日まで「なんで?」と思うくらい寒い日がしばらく続いていましたが、ようやく今日は初夏な感じですね■朝、ホールの玄関前のウッドデッキ上でえっちらおっちらストレッチをしていると、出演者を待っているのか当日券の発売を待っているのか、女性の姿が早くもちらほら。本日はD-BOYS『NOW LOADING』の2日目です。前売り券は完売、当日券は開演の1時間前に抽選の上若干枚が発売されます。つまり大人気ってわけで。すごいですねー!

■さて、プロデュース公演『決戦!!ひなた荘』も『中之島春の文化祭2010』も終わって、ABCホールは元の日常に戻った感じ■来週は売込隊ビーム、再来週は30-DELUX、6月に入ると、キャバレー哀歌ババロワーズリリパットアーミーⅡ、1週おいて7月頭からは劇団パロディフライ番外編、そして、劇団kocho、竹下宏太郎一座...と演劇公演が続き、その間に落語会や試写会もあって、予定表は暑苦し~い見た目になっています。ありがたいことなんですが■そんなわけで、ぜひぜひ毎週ABCホールにお越しください。お待ちしています!

■この時期はよその劇場でもいろいろ気になるお芝居をやってまして(シーズンなんですかね?よくわかんない)、艦長もしばらく毎週2、3本は観劇する生活になりそうですね。ま、それ位全然大したことなくて、ネットの劇評サイトなんかを見ると、プロの劇評家でもないのに月に30本以上観ておられる方もいらっしゃいますからね。どうなってんだろ?時間とお金■関係ないですけど、昨夜遅く家で、録画していたオリバー・ストーン監督の『ブッシュ』という映画を観ながら飲んでいて、「これ全部事実なん!?」、「こんなことで戦争始まるの!?」といちいち呆れていたら、飲み過ぎてしまいました

■『ああ、この青空が吸い取ってくれればいいのに。ぼくの胸のアセトアルデヒド』・・・あ、これ歌になるな。ならないならない(艦長)

【売込隊ビーム挟み込み情報】

今月21日より上演されます売込隊ビームさんの挟み込みについて下記ご連絡が届きました!

ご希望の方はご拝読くださいませ(乗組員N)

 


売込隊ビーム公演「トバスアタマ」の劇場でのチラシ挟み込みは行いません。
 
挟み込みは、すべてrighteyeで作業をしますので、有料になります。
 
ご希望の方は、以下の方法でお申し込みください。
 
部数 800
料金 13円 計2400
 ただし、特殊な形状のもの(ポストカード、二つ折りなど)14円かかりますので、ご相談ください。
納品期間
 ・配達の場合 517()18()午前中
 ・持込の場合 518() 10時〜12
納品場所
 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋4-7-22
 インディペンデントシアター2nd内 righteye 宛

申し込み締切
 516()24
申し込み方法
 info@righteye.jp あてに件名を「売込隊ビーム挟み込み希望」として、
 劇団名、チラシ種類(公演名など)、チラサイズ(A4,B5など)、ご担当者お名前、
 ご連絡先お電話番号をご連絡ください。 
お支払い方法
 持込の場合は、その際にお支払いください。
 郵送の場合は、指定の口座に18日中にお振込みください。
 
お問い合わせ
 righteye かさはら
 080-5324-9671
 
info@righteye.jp

ありがとうございましたっ!

■4月23日から25日までの『決戦!!ひなた荘』、5月2日、3日の『中之島春の文化祭2010』と、怒涛の連続主催イベントが終わって、ちょっと脱力な艦長です。まあ僕はオロオロしたり楽しんだりで、両物件とも無事成功することができたのはシバタさん・イノセさんをはじめとするスタッフのおかげなんですが...■何度も書いてますが、ひなた荘では、劇団赤鬼のメンバーとよしもとのお笑い芸人たちがあんなに楽しく共同作業できるなんて、本当に感激でした。お~い!久馬さんはこれまでいろんな集団と芝居を作ってこられて当然といえば当然なんですが、何といっても特筆すべきは麒麟・川島さんの赤鬼へのハマリぶりです。心の底から今回の出演を楽しんでもらえたみたいです。興味があったら、Twitterで川島さんのつぶやきを探してみてください。ええ人やわぁー、川島さん!

■そして文化祭です。いろいろ報告すべきことが多くて困るのですが、まずは2日間とも客席は常時満員。当日券発売窓口には両日とも長い列が出来、かなりの時間お待ちいただいた方もいらっしゃいましたが、最終的には何とか皆さん入場していただくことが出来ました。マナーよく入退場してくださったお客様のおかげです■それにほら、この種のイベントって、一見盛況だけどよく見たら出演者が待ち時間に客席を埋めてて、実際のお客さんの数は・・・みたいな場合もあるのですが、ウチはそうじゃありません。正真正銘、観に来たお客様で満席でしたからねっ!(エヘン)■実をいうと私、あちこち動き回っていたので中身をちゃんと拝見できたのは一部の作品だけなのですが(もうすぐ記録映像で全部拝見しますね)、いろいろな人の感想を総合すると、去年より更に全体のレベルは上がっていましたね、確実に。忙しい中、たった一度の舞台のために一所懸命作品を仕上げてくださった皆さん、本当にありがとうございました!感謝感謝です■今まで知らなかった人の作品を偶然観てファンになってしまう・・・そんなお客様がきっとたくさんいらっしゃったことでしょう。今後の動員増に少しでも役立てれば幸いです 画像 002.jpg

■それと・・・今年は外も楽しかったですね!2回目にして初めての試みで、ウッドデッキ上のステージで、音楽を中心としたイベントをやらせてもらいました。ダイナマイトしゃかりきサ~カスさんに進行も含めてプロデュースをお願いしたのですが、すごく素敵な雰囲気だったと思います。『へー、素敵なミュージシャンが地元にいっぱいいるんだー』って、普段から劇場には行くけどライブハウスはちょっと・・・な僕のような人種には、新鮮な発見だったのではないでしょうか■お天気にも恵まれ、芝生の上で寛ぎながら音楽を楽しむ人もたくさんいて、なんかちょっとした野外フェスっぽくなってましたよね ■手作りおにぎりとカフェも大人気でした。昨年お越しいただいた方はご記憶かもしれませんが、前回の飲食コーナーでは、縁日の屋台をイメージしたメニューで業者さんにお願いしたところ、これが売れ行きさっぱりで・・・。こういう屋外イベントでの飲食店は女子向けにメニューを構成しないと駄目だ、と最近何かで読みました。うーん、全くそのとおり。勉強勉強!■そんなわけで、その他にも1回目には気づかなかったことやうまくいかなかったことが色々改善されて、ほんとよかったと思います。来年のことはまだ未定ですが、ぜひ皆さん(見たい人も出たい人も)、4月末から5月アタマの数日は空けておいてくださいませ!

画像 007.jpg

■『決戦!!ひなた荘』の中身について書きたいこともいっぱいあるのですが、それはまた次回に・・・(艦長)

 

宴のあと

今日は「新婚さん」の収録日。ホールの中も外も大賑わいだった昨日までの喧騒が幻だったかのように静かなABCホールです。すっかり日常の風景に戻っています。4月末の「決戦!!ひなた荘」から昨日までの「中之島春の文化祭」とバタバタした日が続いていたので、久しぶりの静けさです。「春の文化祭」にご来場いただいた方、ご出演いただいた方、まことにありがとうございました。さらにABCホール近隣の皆様、ご迷惑をおかけしたかもしれません。申し訳ありませんでした。

GWもすでに終盤に入り、都会から地方へと続いていた高速道路の混雑もいつの間にかUターンラッシュに変わりました。連休中は世間的には動きがないので、どうしてもイベントやスポーツの話題が取り上げられるのですが、上海万博が開幕、阪神タイガースが讀賣ジャイアンツに3タテとか、いろんなニュースがある中で、石川遼くんが素晴らしいスコアで大逆転優勝したというのがありました。なんでも58で回って世界最少記録だそうですが、とても考えられないですね。私もかつて大昔に初めて回ったときは130くらいでした。そのへんのおっさんとスーパースターを比べるのも失礼な話ですが、半分以下のスコアです。アマチュアでは100を切るのが最初の目標ですから、そこからも半分ほどのスコア。やっぱり何か持って生まれたモノがあのでしょう。ぼくには見えないですけど。

遼くんとてもいいですね。ぜひこのまま大きくなってほしいですね。決してタ○ガー○ッズみたいにならないように気をつけて。

(乗組員・F)

お疲れ様でしたっ!

画像 017.jpgすべてのお客様、出演者の皆様、スタッフの皆様に感謝です。  『中之島春の文化祭2010』、二日間、無事終了致しました■詳細報告はGW明けつうことで、とりあえず打ち上げ写真です。百数十人のメンバーがABCホールのロビーに集結しました(これ、中締め直前なんでちょっと減ってます)。本当に皆さんお疲れ様でした。ご観覧、ご協力、ありがとうございました!■来年も・・・とりあえず4月の末から5月頭までホールは空けております。また出来るといいな■こんな楽しい仕事があっていいのか?と思いますが、まあ年一度くらいいいでしょう(艦長)

 

初日終了。ありがとうございます!

ふう・・・。くたびれましたが心地よい疲労。「中之島春の文化祭2010」、初日が無事終わりました。昨年も感激したのですが本当ーっにいいお客さんで・・・艦長、素直にうれしいです。愛されている気がして。いや、ホールが。そして出演している方々の総体が。なにやら思考が混濁していますが、詳細なリポートは後日ということで。

今日も早くから当日券を求めるお客様の行列が出来たのですが、明日も同じような混雑が予想されます。途中でお帰りになる方や、やむなくキャンセルされるお客様もいらっしゃるので、最終的には皆様お入りいただけるとは思いますが、しばらくお待ちいただく方も出ると思います。小さなホールで申し訳ないのですが、次回はぜひ早めのご予約をお勧めします!

各ページに記載している内容は、掲載時点のものです。消費税率移行に伴う価格変更等についてご留意下さい。
バックナンバー
前の月 2010年05月 次の月
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31